【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略!

【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • ダウ理論って何ですか?
  • 相場の読み方を教えてください!
  • 相場にもクセなどはあるのでしょうか?

ナヤメル君

このような声をいただきました!

今回は、テクニカル分析をする上でまずは覚えておくべき「ダウ理論」について解説していきます!

「投資家の知っている理論=投資家が重要視している」ということです。

ですので、ダウ理論について理解を深めることで、今まで以上に相場が読めるようになります!

相場を読む力が着けば、バイナリーオプションでしっかり利益が出せるのでぜひ参考にしてください!

では、本編に参ります!

ダウ理論とは?

そもそもダウ理論とは何なのでしょうか?

ダウ理論とは、19世紀に証券アナリストであるチャールズ・ダウという方が構築をした相場理論のことです。

ダウ理論の考え方は「相場の値動きにはクセがある」というものです。

この理論を知らずして、稼ぐことはできないっと言っていいほど重要な理論なのでしっかり覚えておきましょう!

なぜダウ理論がテクニカル分析に有効なのか

では、なぜダウ理論がテクニカル分析に有効なのでしょうか?

その理由は以下の3つです。

  • 投資家が重要視していて、最初に基礎として学ぶのが「ダウ理論」
  • 世界の「投資家心理」がチャートには反映されている
  • 過去のトレンドは「ダウ理論」に従って形成されている

この3つの理由から「ダウ理論」はテクニカル分析に有効だと言えます。

ダウ理論の基本法則は6つ!

ダウ理論は、以下の6つの基本原則からできています。

  1. 平均は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階により形成される
  4. 平均は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドの継続は、明確な転換シグナルが出るまで継続される

特に重要なのが「1」「6」の2つですので、しっかり覚えましょう!

では、1つずつ解説していきます。

1.平均は全ての事象を織り込む

ここで言う「平均」とは「チャートの価格」のことを指しています。

チャートの価格には「経済指標やファンダメンタルズ、市場心理など全ての事象が織り込まれている」ことを意味します。

つまりチャートを見れば全てわかる」ということです。

黒マメ

チャートを理解するということは、バイナリーオプション攻略の第一歩ということだね!

2.トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される

ダウ理論では、トレンドは大きく以下の3つに分類されると定義されています。

  • 短期トレンド:3週間未満
  • 中期トレンド:3週間〜3ヶ月
  • 長期トレンド:1年〜数年

3.主要なトレンドは3つの段階により形成される

ダウ理論では、主要トレンドは以下の3つに分類されると定義されています。

  • 先行期:少数の投資家が底値買いを始める段階
  • 追随期:市場の価格が上昇し多くの投資家が参加し始める時期
  • 利食い期:市場の価格が十分に上昇をし、先行期の投資家たちが利確を始める時期

4.平均は相互に確認される必要がある

複数の指標がある場合、その両方で同じシグナルが見られなければトレンドとして捉えるべきではないという考え方です。

ダウ理論はもともと株式市場に関して定められた理論です。

工場製品の経営状況は、それらを輸送する鉄道の経営状況にも影響します。

工業生産が盛んになり、工業株の上昇

工業製品が増えることにより、その製品を運ぶ運輸業も活性化するので運輸株も上昇

このように、相関関係にある価格がある場合にどちらも同じようにトレンドが見られなければ本物のトレンドとは見なされないという考え方です。

5.トレンドは出来高でも確認される必要がある

この法則は「トレンドは出来高に比例する」ということを意味しています。

つまり、トレンド発生時は出来高も多くなるということです。

逆に言うと、出来高を伴わないトレンドは長続きしないだろうということを示唆しています。

これはあくまで株式市場での話なので、為替市場においては意識する必要はありません!

6.トレンドの継続は、明確な転換シグナルが出るまで継続される

ダウ理論の中でも最も重要とされるのがこの原則です。

この原則は、現在発生しているトレンドは転換点が発生するまで継続し続けると言う考え方です。

ほとんどの投資家がトレンドに従って利益を確定することを意味しています。

ダウ理論においてのトレンドの定義は以下の2つです。

  • 上昇トレンド:連続した高値と安値がそれぞれ前の高値と安値より切り上がっている状態
  • 下降トレンド:連続した高値と安値がそれぞれ前の高値と安値より切り下がっている状態

図で説明すると以下の通りです。

トレンドの継続は、明確な転換シグナルが出るまで継続される

このようにトレンドの把握をすることで、「継続するのか」「転換するのか」を確認することができます。

ダウ理論の問題点

ダウ理論には問題点もあります。

ダウ理論の問題点は以下の2つです。

  • 知名度が高すぎる
  • 長期取引でないとリアルタイム分析が難しい

知名度が高すぎる

最初にご説明した通り、ダウ理論は多くの投資家たちが活用をしています。

ですので、その裏をついた投資家たちがいるのも当然です。

ですので、あくまで相場理論の1つとして覚えておくことをオススメします!

長期取引でないとリアルタイム分析が難しい

バイナリーオプションは短期取引がメインの投資になります。

しかし、ダウ理論を活用するにあたっては高値と安値の転換点を推測してのエントリーが必要です。

ですので、短期取引の場合は長期取引と比べても強い根拠を持ってのエントリーが難しいです。

まとめ

今回は、ダウ理論について簡単に解説しました!

ダウ理論は投資家が初めに学ぶ相場理論です。

ダウ理論を知らずして投資は始められないと言っても過言ではないので、しっかり覚えておきましょう!

相場理論を知って、バイナリーオプションにも活用していきましょう!

ダウ理論+サインツールで強い根拠を持ってエントリーしよう!

サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き)

  • バイナリーオプションで全然勝てません。
  • 自由な時間とお金が欲しいです。
  • ハイロー専用のツールはありますか?

ナヤメル君

黒マメ

こんなお悩みを持たれている方がたくさんいました。

ですので今回は、バイナリーオプションで使える高性能サインツールを無料で限定配布!

自由な”時間”と”お金”が欲しい方は下記のボタンをクリック!

サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き) サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き)