【2020年最新版!】バイナリーオプション初心者のための用語集

【2020年最新版!】バイナリーオプション初心者のための用語集

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • バイナリーオプションって色々な用語があって難しい。
  • バイナリーオプション初心者なのですが、押さえておくべき用語とかありますか?
  • バイナリーオプションの必要な用語を知りたい!

ナヤメル君

今回は、2020年最新版バイナリーオプション初心者さんのための用語集を作りました!

バイナリーオプションを始めたての方だと、用語を聞いても何が何だかわからないという方が多いと思います!

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションの初心者の方でも、用語を理解してスムーズに取引が始めることが可能です!

最後までしっかり読んで、今後のお取引に役立ててみてください!

【2020年最新版!】バイナリーオプション初心者の用語集

では早速、バイナリーオプション初心者の方が押さえておくべき必須用語を紹介します。

「気になる用語だけを見たい」という方は、上の目次の中から気になる用語をクリックしていただくと簡単に飛べます!

では、一つずつ簡単に用語の解説をしていきます!

用語集1:BO,バイオプ

BO、バイオプはバイナリーオプションのことを簡単に略した言葉です。

用語集2:チャート

為替相場をグラフ化し、見やすくしたものをチャートと呼びます。

バイナリーオプションの取引をする上では、チャートを見ることが基本になります!

用語集3:MT4,MT5

MT4、MT5はメタトレーダーとういう、チャートを見るソフトの一つです。

MT4は、Meta Trader4の略称です。

MT5は、Meta Trader5の略称です。

MetaQuotesSoftwareという会社が開発したソフトウェアで、チャート分析するために使われる一般的なソフトウェアを指します。

ほとんどのトレーダーが使用しているソフトになるので、しっかり覚えておきましょう!

MT4、MT5をまだダウンロードしていないという方は、以下の記事で導入方法を詳しく解説しているので、参考にしてください!

3分でわかる!バイナリーオプションの始め方の手順とやり方 3分でわかる!バイナリーオプションの始め方の手順とやり方

用語集4:テクニカル分析

インジケーターやローソク足などのテクニカル指標を用いて相場を分析する方法のことをテクニカル分析と言います。

バイナリーオプションの取引は、テクニカル分析がメインの分析になります。

チャートの形から相場の動きを予測していく分析方法です。

用語集5:トレンド

トレンドとは、相場の方向性のことを言います。

上昇傾向の相場であれば、上昇トレンドになります。

下降傾向の相場であれば、下降トレンドになります。

このトレンドを掴めるかどうかで、バイナリーオプションの勝率は左右されるので、しっかり覚えておきましょう!

用語集6:レンジ

上昇トレンドでもなく、下降トレンドでもない、動きの少ない相場のことをレンジと呼びます。

相場の大半はこのレンジ相場になります。

用語集7:ライントレード

ライントレードとは、為替相場の高値、安値などにラインを引いて相場を分析する方法になります。

トレーダーは一定の価格を意識してトレードをするので、どの価格が意識されているのかをライン引き、判断することで相場を分析していく方法です。

ライントレードについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方は参考にしてください!

【ラインの引き方をマスター!】バイナリーオプションライントレードの教科書 【ラインの引き方をマスター!】バイナリーオプションライントレードの教科書

用語集8:レジスタンス(抵抗線)

上値抵抗線のことをレジスタンスと呼びます。

相場を上から抑え込んでいる基準の線のことを指します。

用語集9:サポート

下値支持線のことをサポートと呼びます。

相場を下から支えている基準の線のことを指します。

用語集10:ペイアウト倍率

掛け金に対しての払い戻し倍率のことをペイアウト倍率と言います。

バイナリーオプションのペイアウト倍率は約1.9倍くらいです。

1,000円でエントリーをして買った場合は、約1,900円で払い戻しされます。

用語集11:テクニカル指標

インジケーターやラインなどの、テクニカル分析をする上で使う指標のことを指します。

テクニカル分析を行う上での指標の総称で、インジケーターやラインなど全て含めてテクニカル

用語集12:インジケーター

インジケータとは、テクニカル指標のうちの1つで、相場分析ツールのことを指します。

和訳すると、「標識」「指針」という意味があります。

例を挙げると、移動平均線やボリンジャーバンドなどです。

インジケーターには大きく分けて2種類のインジケーターが存在します。

インジケーターの種類は以下の2つです。

  • トレンド系インジケーター(順張り系)
  • オシレーター系インジケーター(逆張り系)

用語集13:トレンド系インジケーター(順張り系)

トレンド系指標とは、相場の方向性(トレンド)を把握することのできるインジケーターになります。

比較的順張りに使われることが多いです。

例を挙げると、移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドなどがトレンド系に含まれます。

トレンド系のおすすめインジケーターは以下の記事で詳しく解説しています!

バイナリーオプションのおすすめトレンド系インジケーター3選! バイナリーオプションのおすすめトレンド系インジケーター3選!

用語集14:オシレーター系インジケーター(逆張り系)

オシレーター系指標とは、相場の買われすぎ、売られすぎを把握することのできる指標になります。

比較的逆張りに使われることが多いです。

例を挙げると、RSIやDMI、ストキャスティクスなどです。

オシレーター系のおすすめインジケーターは以下の記事で詳しく解説しています!

97個中6個を厳選!本当に使えるバイナリーオプションのオシレーター 97個中6個を厳選!本当に使えるバイナリーオプションのオシレーター

用語集15:MA

MAと聞くと、専門用語で難しそうと思う方が多いと思いますが、MAは移動平均線のことです。

Moving Average(移動平均線)の頭文字を取っているだけです。

ちなみに、移動平均線には種類があります。

SMAは単純移動平均線(Simple Moving Average)で、EMAは指標平滑移動平均線(Exponential Moving Average)のことを指します。

移動平均線に興味をもった方は以下の記事を参考にしてみてください!

移動平均線とは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 移動平均線とは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

用語集16:MACD

MACDはとてもよく使われるトレンド系インジケーターの一つです。

読み方は、マックディーです。

MACDは、Moving Average Convergence Divergenceの頭文字を取ったもので、移動平均収束拡散手法の意味になります。

MACDは、2本の異なる移動平均線を使ってトレンドを把握するインジケーターになります。

MACDに興味をもった方は、以下の記事を参考にしてみてください!

MACDとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開! MACDとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

用語集17:RSI

RSIはとてもよく使われるオシレーター系インジケーターの一つです。

日本語にすると、「Relative Strength Index:相対力指数」になります。

過去の一定時間の相場による相対的な「値上がり幅」と「値下がり幅」を数値化したものです。

RSIに興味をもった方は以下の記事を参考にしてみてください!

RSIとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 RSIとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

用語集18:ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドもよく聞いたことがある用語だと思います。

ボリンジャーバンドは、インジケーターの中でもトップレベルに使われているインジケーターになります。

ボリンジャーバンドは標準偏差と正規分布を利用しています。

ある一定の価格の中に値動きが収まる確率を、「σ:シグマ」を使って表します。

一定の範囲内に相場が収まる確率を、一瞬で把握することのできるインジケーターになります。

ボリンジャーバンドに興味を持った方は、以下の記事を参考にしてみてください!

ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

用語集19:ストキャスティクス

ストキャスティクスもよく耳にする用語の一つだと思います。

ストキャスティクスは、移動平均線を元に計算した2本のラインによって、相場の売られすぎ、買われすぎを判断することができるインジケーターです。

%Dと%Kという2本のラインで判断していきます。

ストキャスティクスに興味を持った方は、以下の記事を参考にしてみてください!

ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説 ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説

用語集20:マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、負けるたびに掛け金を二倍にしていく手法です。

昔からギャンブルでよく使われる手法で、「必勝法」と言われることもあります。

しかし、実際は危険な手法の一つなので、気をつけてください!

以下の記事でマーチンゲール法については詳しく解説しているので、参考にしてください!

【諸刃の剣】バイナリーオプションでマーチンゲールは危険なのか? 【諸刃の剣】バイナリーオプションでマーチンゲールは危険なのか?

用語集21:エリオット波動

エリオット波動は、相場は5つの上昇波と3つの下降波で一つの周期を形成するという考え方です。

5つの上昇波を推進5波と呼び、3つの下降波を修正3波と呼びます。

トレーダーの中では一般的な考え方になるので、覚えておきましょう!

用語集22:ダウ理論

ダウ理論はエリオット波動と並んでとても有名な考え方の一つになります。

「相場にはクセがある」という考え方で、以下の6つの基本原則から成り立っています。

  • 平均は全ての事象を織り込む
  • トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  • 主要なトレンドは3つの段階により形成される
  • 平均は相互に確認される必要がある
  • トレンドは出来高でも確認される必要がある
  • トレンドの継続は、明確な転換シグナルが出るまで継続される

ダウ理論もトレーダーがとても意識する考え方になるので、しっかり覚えておきましょう!

ダウ理論については、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください!

【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略! 【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略!

まとめ

バイナリーオプションの用語集はいかがでしたか?

用語の中には、英語表記で難しいものもあるとは思いますが、難しいものはそんなに多くないです。

しっかり今回の用語は覚えて、これからの取引に生かしてください!