グランビルの法則とは?8つの売買サインでバイナリーオプション攻略!

グランビルの法則とは?8つの売買サインでバイナリーオプション攻略!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • グランビルの法則って何ですか?
  • グランビルの法則の使い方を知りたい!
  • バイナリーオプションでは、グランビルの法則をどのように使いますか?

ナヤメル君

トレンド発生時の押し目買いや戻り売りポイントでエントリーを狙う順張り手法にて、どのポイントが押し目買いや戻り売りになるかわからないという方は多いと思います。

今回は順張りには欠かせない移動平均線を使った分析方法、グランビルの法則について解説します。

では本編に参ります!

グランビルの法則とは何か

グランビルの法則とは、米国のジョセフ・グランビルというアナリストが考案した、株価と移動平均線との関係を利用した「買いと売りを示す8つのパターン」です。

実践的に言いかえるとグランビルの法則とは、価格と移動平均線からエントリーのタイミングを見極めようとする手法を言います。

グランビルの法則はすごく知られているのに使いこなされていない理由として、グランビルの法則の「法則」というと、何も考えず機械的な手法を思い起こさせてしまい、簡単に勝てそうなイメージがしますが、実際はそうではないからです。

しかし、グランビルの法則とは「株で勝てる法則です!」と言っても過言ではない相場の原理原則です。

グランビルの法則は、株式投資だけでなくFXや商品先物でもグランビルの法則はかなり使えます。

ですので、グランビルの法則の「法則」は、「チャートパターン」と認識し、実践で使えるようにしっかりと解説していきます。

グランビルの法則が示す8つの売買サイン

グランビルの法則は、

  • 4つの「買いサイン」
  • 4つの「売りサイン」

合計8サインから構成されています。

それぞれどのようなサインなのかについて説明していきます。

4つの買いサイン

  1. 買い①:移動平均線が「水平又は上昇中」でローソク足が上抜け
  2. 買い②:移動平均線が「上昇中」でローソク足が一時的に下抜け後、再上昇
  3. 買い③:移動平均線が「上昇中」でローソク足が下抜けせずに再下降
  4. 買い④:移動平均線が「下降中」でローソク足も下落、乖離が発生

買いサイン①

まず買いサイン①を見つけるためには、移動平均線の傾きが下向きだった所から、水平になる場面に注目します。

そのあとローソク足が上昇し、移動平均線を上抜きしたら買いサイン①となります。

買いサイン②

買いサイン②では、移動平均線が上昇中で、一時的にローソク足が移動平均線を下抜けした場面に注目します。

ローソク足が下降中でも移動平均線が上昇中であれば、再上昇する可能性が高いとする見方です。

買いサイン③

買いサイン③は移動平均線が上昇中でローソク足も移動平均線より上の状態から、ローソク足が横ばい又は少し下降し移動平均線に近づくも、移動平均線を下抜ける事なく再上昇する場面に注目します。

これはダウ理論で上昇トレンドの場面とイコールになる事が多い為、「買い増し」のサインとして見ます。

ダウ理論については下記の記事で解説しているので、合わせて読んでいただくと理解が深まります!

【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略! 【相場にはクセがある?】ダウ理論を知ってバイナリーオプション攻略!

買いサイン④

買いサイン④は移動平均線もローソク足も下降中で、大きな乖離が発生した場面に注目します。

価格は移動平均線方面に戻る事が多いことから、少し戻す事を期待して短期的な買いを入れます。

4つの売りサイン

  1. 売り⑤:移動平均線が「水平又は下降中」でローソク足が下抜け
  2. 売り⑥:移動平均線が「下降中」でローソク足が一時的に上抜け後、再下降
  3. 売り⑦:移動平均線が「下降中」でローソク足が上抜けせずに再下降
  4. 売り⑧:移動平均線が「上昇中」でローソク足も上昇、乖離が発生

売りサイン⑤

売りサイン⑤は移動平均線の傾きが上向きだった所から、水平になる場面に注目します。

そしてローソク足が下降し、移動平均線を下抜きしたら売りサインになります。

売りサイン⑥

売りサイン⑥は移動平均線が下降中で、一時的にローソク足が移動平均線を上抜けした場面に注目します。

ローソク足が上昇中でも移動平均線が下降中であれば、再下降する可能性が高いとする見方です。

売りサイン⑦

売りサイン⑦は移動平均線が下降中でローソク足も移動平均線より下の状態から、ローソク足が横ばい又は少し上昇し移動平均

線に接近するも、移動平均線を上抜ける事なく再下降する場面に注目します。

これはダウ理論で下降トレンドの場面とイコールになる事が多い為、「売り乗せ」のサインとして見ます。

売りサイン⑧

売りサイン⑧は移動平均線もローソク足も上昇中で、大きな乖離が発生した場面に注目します。

価格は移動平均線方面に戻る事が多いことから、少し押す事を期待して短期的な売りを入れます。

グランビルの法則を使ったバイナリー手法を紹介!

では、グランビルの法則を今後どのようにバイナリーオプションの取引に役立てていけばいいのでしょうか?

実際、理屈はわかっていてもエントリーするためにどう使ったらいいのかわからない方が多いと思います。

なので今回は、グランビルの法則を使った具体的なエントリータイミングについて紹介していきます!

MEMO
移動平均線は期間20で設定します。

グランビルの法則を使ったエントリータイミングは以下の4つです。

  • ゴールデンクロスでの買い
  • 押し目買い①
  • 押し目買い②
  • リバウンド

では一つずつ解説していきます。

エントリータイミング①:ゴールデンクロスでの買い

通常ゴールデンクロスというと、短期移動平均線が中期移動平均線を下から上に突き抜けることを指します。

しかし今回の場合は、表示している移動平均線をローソク足が突き抜けることを指します。

①のポイント見てください。

このように、ローソク足が移動平均線20を下から上へと突き抜けているポイントが、ゴールデンクロスになります。

ここで一点注意していただく点があります。

それは、移動平均線が上向きかどうかです。

移動平均線20が上を向いているということは、相場が上昇トレンドに入り始めたと判断することができます。

要するに、20日移動平均線が上を向いている状態でゴールデンクロスが起こったポイントが、エントリーのポイントになります。

エントリータイミング②:押し目買い1

上記の画像の②が二つ目のエントリーのポイントになります。

後ほどご説明いたしますが、グランビルの法則では移動平均線を下へ抜た場合は、売りシグナルとして判断されます。

しかし、実際には下に抜けた後に反転したポイントこそが、押し目買いのポイントになります。

しかし、デメリットとしましては相場が反転してしまうリスクがあるということです。

しっかりと安値の切り上げなどを確認することで、よりリスクを抑えられたエントリーをすることができます

エントリータイミング③:押し目買い2

上記の画像の③が三つ目のエントリーポイントになります。

上昇トレンドで相場が上昇していても、ずっと継続して上昇する訳ではありません

利益確定などの売りがあるため、相場は一時的な下落と再度トレンドに戻ることを繰り返しながら進んでいきます。

グランビルの法則の③のポイントは、一時的に相場は下がっていますが、移動平均線20を突き抜けていないことがわかります。

また、移動平均線はまだ上向きなので、上昇トレンド中に発生した押し目買いポイントになります。

こちらは綺麗な押し目買いのポイントになるんので、積極的にエントリーを狙いましょう!

エントリータイミング④:リバウンド

上記の画像の④が四つ目のエントリーポイントになります。

このエントリーポイントはリバウンドを狙うポイントになります。

リバウンドとは、ボールを床に投げつけると跳ね返るように、相場の下落が続くと反発する動きのことをいいます。

このポイントは逆張りのポイントになるので、しっかり覚えておきましょう!

相場は、移動平均線に対して戻ってくる傾向があり、離れれば離れるほど戻ってこようとする力が大きくなります。

なので、相場がリバウンドを起こし、再度相場が上昇したところを狙います。

ただここで注意していただきたいのが、「どこで買いをいれるのか」という点です。

④のポイントで買いをいれても、そのまま価格が下がり続ける可能性も考えられます。

なので、トレンドを把握できるインジケーターを合わせて使っていただくと、柔軟に対応できます。

トレンドを把握できるインジケーターでおすすめなのが、パラボリックSARやRSIです。

下記の記事で、使い方などについては詳しく説明しているので、合わせて参考にしてください!

パラボリック SARとは?バイナリーオプションでの取引手法を公開! パラボリック SARとは?バイナリーオプションでの取引手法を公開! RSIとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 RSIとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

まとめ

今回は、グランビルの法則について解説しました!

今回紹介したグランビルの法則を使ったエントリーポイントは必ず知識にしてください!

おさらいすると以下の四つです。

  • ゴールデンクロスでの買い
  • 押し目買い1
  • 押し目買い2
  • リバウンド

この四つのポイントは何度も確認して、今後の取引に役立てて見てください!