【国内BO終了!】国内バイナリーオプションの規制とは?

【国内BO終了!】国内バイナリーオプションの規制とは?

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • 国内バイナリーオプションの規制って何ですか?
  • 国内バイナリーオプションの規制の変更点は?
  • 国内バイナリーオプションってどうなんですか?

ナヤメル君

このような声をいただきました!

ですので今回は、国内バイナリーオプションの規制について詳しく解説していきたいと思います。

今現在、国内のバイナリーオプションには規制がかかっています。

国内バイナリーオプションの規制について知ることで、国内バイナリーオプションがどれだけ不利な状況にあるか理解することができます。

本記事を最後まで読むことで、国内と海外どちらで口座開設をするべきか明白になります!

ですので、ぜひ最後までお読みください!

では、本編に参ります。

国内バイナリーオプションの規制について

バイナリーオプションの規制とは、バイナリーオプション取引における規制のことです。

これは、国内でバイナリーオプションの取引をする際に適用され、国内バイナリーオプション業者は大打撃を受けることとなりました。

国内バイナリーオプションの規制理由

規制がかかる前は、国内バイナリーオプションも海外のバイナリーオプション同様に、短期取引がメインでした。

しかし、取引が手軽ということもあり、ギャンブル性が高い点が問題視されたために規制がかかってしまいました。

黒マメ

バイナリーオプションの短期取引がギャンブル性が高いと判断されてしまったために規制がかかってしまったんだね!

国内バイナリーオプション規制の時系列

  • 2012年末:バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
  • 2013年:ワーキンググループが自主規制についての最終報告
  • 2013年7月3日:内閣府令によって公的規制が導入
  • 2013年7月18日:金融先物取引業協会よりガイドライン発表
  • 2013年8月1日:内閣府令によって公的規制実施
  • 2013年8月1日:現行ルールのバイナリーオプションへの新規参入不可
  • 2013年11月30日:現行ルールのバイナリーオプション停止

約1年間でこれだけの規制がかかっています。

今現在は規制の動きはないので、安心して取引することができます。

国内バイナリーオプションの規制4つ

国内バイナリーオプションの規制4つ

バイナリーオプションの規制には以下の4つがあります。

  • 短時間取引の禁止
  • 総取り禁止
  • ペイアウト率の変動制
  • 価格表示が2WAY

この4つの規制が、国内バイナリーオプションの大きな規制となります。

具体的な規制内容については、以下で詳しく解説していきます!

国内バイナリーオプションの具体的な規制内容

では、先ほどの規制について詳しく解説していきます!

1.短時間取引の禁止

1.短時間取引の禁止

海外のバイナリーオプションでは上記の画像のように、短期取引を行うことが可能です。

しかし、規制によって国内バイナリーオプションは短期取引ができなくなってしまいました。

取引時間も2時間に設定されたため、1日に12回しか取引することができなくなってしまいました。

規制によって判定時間が増えたために、分析が難しくなり、取引回数も減ってしまったために投資家には不利な規制と言えます。

2.総取り禁止

総取りとは、一定のラインを超えた時に負け判定になる設定のことで、業者の利益にしかならなかったのですが、これが無くなりました。

一方的な価格変動による負けがなくなったことによって、投資家には有利になったと言えます。

3.ペイアウト率の変動制

規制前は、予想が当たれば規定のペイアウト倍率で、予想が外れるとゼロになるというものでした。

規制後は、購入価格からどれだけ変動したかで、ペイアウト率の変動が起こります。

これは、ほとんどFXと言っても過言ではありません!

ですので、国内バイナリーオプションはほとんどFXと同じなのです。

4.価格表示が2WAY

4.価格表示が2WAY

規制前の国内バイナリーオプションも海外と同様に「上か下かを予想する」だけでした。

しかし、規制後は「買い」と「売り」両方の価格を提示されるようになりました。

ペイアウト率が変動制になり、価格表示が2WAYに必要になったことにより、取引キャンセル時のポジション解消が可能になりました。

これは、取引のキャンセルができるので、投資初心者の方も気軽にトレードできるようになりました!

バイナリーオプションを始めるなら海外一択!

バイナリーオプションを始めるなら海外一択!

やはり、国内のバイナリーオプションは規制が厳しく取引がしずらいです。

ですので、これからバイナリーオプションを始められる方は、海外業者一択です!

また、国内の業者を利用してバイナリーオプションをされている方は、海外業者への移行をオススメします!

国内バイナリーオプションをオススメしない理由

国内のバイナリーオプションをオススメしない理由は以下の3つです。

  • ペイアウト率が変動制なため、勝率が高くても資金が減る可能性がある
  • 取引回数が1日に12回しかない
  • 「買い」「売り」によるFX化

国内のバイナリーオプションは以上の理由からオススメできません。

国内でバイナリーオプションをやるのであればFXと変わらないので、FXを始めましょう!

海外バイナリーオプションをオススメする理由

海外バイナリーオプションをオススメする理由としては、以下の3つです。

  • 短時間での取り引きが可能
  • 取引回数に制限がない
  • ペイアウト率が高い

以上の観点から、これからバイナリーオプションを始められる方は海外業者を利用することをオススメします!

「海外だと不安」と思う方もいると思います。

しかし、海外の業者さんであってもしっかりライセンスを取得して、サービスを提供している業者さんもあります。

不安な方は、以下の2つの業者が海外の業者さんの中でも大手ですので、下記の記事を参考にしてみてください!

ハイロー オーストラリアについての参考記事

TheOptionについての参考記事

まとめ

今回は、国内のバイナリーオプションの規制について解説しました!

まとめると以下の通りです。

【国内BO終了!】国内バイナリーオプションの規制とは?まとめ

・国内のバイナリーオプションは、ギャンブル性が問題視されたことで規制がかかっている

・国内のバイナリーオプションの具体的な規制は以下の4つ
 1.短時間取引の禁止
 2.総取り禁止
 3.ペイアウト率の変動制
 4.価格表示が2WAY

・バイナリーオプションを始めるなら海外の業者を利用する

国内のバイナリーオプションは規制によって、取引をしにくい環境になっています。

多くの投資家は海外の業者を使っているのは、YouTubeなどを見れば一目瞭然です。

国内の業者を紹介する方もいますが、バイナリーオプションで稼ぎたのであれば海外の業者を利用することをオススメします!

もし国内の業者さんを利用するのであれば、バイナリーオプションよりFXをオススメいたします。