パラボリック SARとは?バイナリーオプションでの取引手法を公開!

パラボリック SARとは?バイナリーオプションでの取引手法を公開!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • パラボリック SARってどんなインジケーターですか?
  • パラボリック SARの使い方を知りたい!
  • パラボリック SARを使った取引手法を教えてください!.

ナヤメル君

パラボリック SARとはどんなインジケーターなのか?

Parabolic(パラボリック) SARは、トレンド系インジケーターの一つです。

MT4にデフォルトで入っているインジケーターのうちの一つですが、知っている方はそう多くないと思います。

今まで紹介してきたトレンド系のインジケーターは、トレンド発生を見つけるものでしたが、パラボリックSARの特徴はその逆になります。

下降トレンド中はローソク足の上に点線が表示され、トレンドが転換して上昇トレンドになるとローソク足の下に点線が表示されます。

画像を見ていただけるとわかりますが、相場が下降中は点線がローソク足の上にあり、上昇すると点線がローソク足の下に表示されています。

このように、パラボリックSARではトレンドの転換を知ることができます。

パラボリック SARをMT4のチャートに設定させる方法

では、パラボリックSARをMT4のチャート上に設定する手順についてご説明いたします!

パラボリックSARをMT4のチャート上に設定する方法は、下記の手順を踏んでいきます。

  • MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック
  • インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる
  • トレンド系インジケーターリスト一覧の中にある「Parabolic SAR」をクリック
  • パラメーターを設定し「OK」をクリック

では、画像を使いながらパラボリックSARをMT4のチャート上に設定する手順について解説いたします!

パラボリックSARの設定方法①:MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

まずはじめに、MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリックしてください。

パラボリックSARの設定方法②:インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる

次に、インジケーターリスト一覧の中にある、「トレンド」にカーソルをあてます。

「トレンド」にカーソルをあてると、トレンドインジケーター一覧が表示されます。

パラボリックSARの設定方法③:「パラボリック SAR」をクリック

トレンド系インジケーター一覧の中にある、「Parabolic SAR」をクリックしましょう。

パラボリックSARの設定方法④:パラメーターを設定し「OK」をクリック

上の画像のように、パラメーターを入力するウィンドウが表示されます。

パラボリックSARの設定したい期間や、色などを設定したら「OK」をクリックしてください。

パラボリック SARの基本的な使い方・見方

パラボリックSARの良いところはとてもシンプルで、初心者にも使いやすい所にあります。

パラボリックSARの基本的な使い方は、以下の通りです。

  • 点線がローソク足の下に表示された=Highエントリー
  • 点線がローソク足の上に表示された=Lowエントリー

いたってシンプルですよね!

基本的には、点線のドットが3つ表示されたらトレンド転換確定と判断できます。

ドットが1つや2つの時にエントリーを入れてしまうと騙しに遭う可能性があるので、注意が必要です。

なので、ドットが3つ出るまではトレンド転換が確定していないと思い、エントリーは待ちましょう。

他のテクニカル指標も同様ですが、テクニカル指標のトレンド転換シグナルは遅れて出るため、このシグナルをエントリーに使う場合には注意が必要です。

パラボリックSARの転換シグナルを確認後に、1つ下の時間軸にチャートを切り替えて押し目や戻しを狙ってエントリーを入れる方法もあります。

まとめると、パラボリックSARの基本的な使い方は、「点線がローソク足の下ならHighエントリー」「点線がローソク足の上ならLowエントリー」「ドットは3つ目が表示されるまでは待つ」この三つです。

この三つは必ず意識してエントリーに役立ててみてください!

パラボリック SARを使ったバイナリーオプション攻略法を紹介!

最後に、パラボリックSARを使ったバイナリーオプションの攻略法を紹介します。

パラボリックSARの特性を生かし、他のインジケーターと組み合わせて騙しを回避することで、バイナリーオプションで勝率を上げることができます。

では、どのようにしてパラボリックSARを使えば良いのでしょうか?

僕は、パラボリックSARは順張りで使うことをおすすめしています!

なので今回は、パラボリックSARを使った順張り手法を一つ紹介します!

パラボリック SARを使った順張り手法

パラボリックSARを使った順張り手法では、+で移動平均線を3本使用します。

チャートの設定は以下の通りです。

  • パラボリックSAR:初期値で設定
  • 移動平均線3本:21、50、100で設定

チャートの設定は以上になります。

では、実際にエントリーポイントの解説をしていきます。

エントリーポイントは以下の通りです。

  • 移動平均線のゴールデンクロス確認後、パラボリックSARのドットがローソク足の下に連続して3つ表示
     =Highエントリー
  • 移動平均線のデットクロス確認後、パラボリックSARのドットがローソク足の上に連続して3つ表示
     =Lowエントリー

実際のエントリーポイントはこんな感じです。

画像のように、デットクロスの確認をしてドットが3つ続いたポイントが狙い目です。

逆の場合もゴールデンクロスの確認をして、ドットが3つ続くのを待ちましょう。

まとめ

今回は、パラボリックSARについて解説しました!

パラボリックSARは、とてもシンプルで使いやすく、初心者の方にもおすすめなインジケーターです。

しかし、意外と知らない方が多いインジケーターなので、僕の記事を読んでくださった方はしっかり使い方をマスターして、今後の取引に役立ててください。

ではまた次の記事でお会いしましょう!