バイナリーオプションで覚えるべきチャートパターン3選!

バイナリーオプションで覚えるべきチャートパターン3選!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • チャートにパターンがあるというのは本当ですか?
  • 重要なチャートパターンが知りたいです!
  • チャートパターンの活用方法を教えてください!

ナヤメル君

今回は、バイナリーオプションの取引を行っていく上で重要なチャートパターンについて解説していきます。

本記事を最後まで読むことで、重要なチャートパターンについて理解を深めることができます。

チャートパターンについて知っておくことで、取引をする上での判断材料になるので、しっかり覚えて今後の取引に生かしていきましょう!

では、本編に参ります。

バイナリーオプションのチャートパターンとは?

バイナリーオプションの取引を行う上で、ほとんどの方がチャートをご覧になっていると思います。

チャートを用いた分析方法に、「値動きがパターン化していて、過去の値動きのパターンからから相場の方向性を予想する」という分析方法があります。

これをチャートパターンと呼びます。

チャートパターンは、大衆心理が関係していて、各チャートパターンを知ることで、その後の相場の動きを予想していくのに役立ちます。

バイナリーオプションでの重要なチャートパターン3選!

チャートパターンには数多くのチャートパターンがあり、全て覚えるのはとても大変です。

なので今回は、バイナリーオプションで重要なチャートパターンを3つご紹介します。

今回のチャートパターンは、バイナリーオプションで取引をする上でとても役立つチャートパターンになるので、しっかり覚えておきましょう!

バイナリーオプションでの重要なチャートパターンは以下の3つです。

  • Wトップ/Wボトム
  • ヘッドアンドショルダー
  • トライアングル

では、それぞれ解説していきます!

Wトップ/Wボトム

1つ目のチャートパターンがWトップ/Wボトムです。

WトップとWボトムはそれぞれ、相場の天井(最高値)と大底(最安値)を示す、アルファベットの「W」のような形を作るチャートパターンです。

それぞれ解説していきます。

Wトップ

Wトップは急激な値動きの上昇を伴い天井をつくった後に、一旦下降し、再び天井まで上昇して、下落に転じた時のチャートパターンです。

Wトップが現れると、天井を打って下降トレンドにトレンド転換する可能性が高いと考えられています。

Wトップの見方としては、トレンドラインに沿って上昇している相場に対して大幅に乖離し、一旦下降した上で、再び上昇してから、下降トレンドへの転換を考えることができます。

その後にネックライン(一旦下降した際の安値)を下抜けすることで、Wトップが完成します。

そのためネックラインを下抜けせずに、再度上昇した場合はWトップの完成になりませんので注意してください!

Wボトム

WボトムはWトップの逆で、急激な値動きの下落を伴い大底をつくった後に、一旦上昇し、再び大底まで下落して、上昇に転じた時のチャートパターンです。

Wボトムが現れると、大底を打って上昇トレンドにトレンド転換する可能性が高いと考えられています。

トレンドラインに沿って下降している相場に対して大幅に乖離し、一旦上昇した上で、再び下降してから、上昇トレンドへの転換を考えることができます。

その後にネックラインを上抜けすることで、Wボトムが完成します。

ここでもWトップ同様に、ネックライン(一旦上昇した際の高値)を上抜けせずに、再度下降した場合はWボトムの完成になりませんので注意してください!

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーは、トレンド発生時に、「トレンドの終了」を知らせるシグナルとして考えられています。

ただし、「必ずトレンドが終了する」わけではなく、トレンドの継続となる場合もあります。

例えば、長いトレンドが継続されていると、途中で調整が入ることがあります。

相場が調整のために価格が戻っていく場面で、ヘッドアンドショルダーが現れた場合にはトレンドの継続が考えられます。

ヘッドアンドショルダーを利用してトレードする場合、その多くはトレンドの終了と判断できますが、トレンドが継続される可能性もあるとはしっかり覚えておきましょう!

ヘッドアンドショルダーを見る上で大切なのが、「ネックライン」がどこなのかを見極めることです。

ネックラインが重要な理由としては、このックラインが相場において「レジスタンスライン」や「サポートライン」の役割を担うからです。

つまり、ローソク足がこのネックラインに触れることで、多くのトレーダーが売りや買いを始めるため、価格が動くポイントになります。

そのため、ヘッドアンドショルダーを確認した際は、「トレンドの終了なのか」「トレンドの継続なのか」を判断する必要があります。

基本的な判断のやり方としては、上位の時間足を見てトレンドの方向を確認する方法があります。

例えば、5分足を見ている方は15分足、1分足を見ている方は3分足や5分足を見ます。

そうすることで、トレンドの方向がどっちを向いているのかが確認できます。

トライアングル

トライアングル(三角持ち合い)は、相場の価格が上下しつつも横ばいの動き(持ち合い)をし、その後上下の動きが小さくなっていくことで、チャートの動きが三角形になっていきます。

トライアングル発生後は、必ずどちらかの方向にブレイクします。

また、一般的には持ち合いの期間が長ければ長いほど、力を溜め込んでいる期間も長いので、より大きく動くブレイクします。

また、トライアングルのパターンにも3種類のトライアングルがあります。

それが以下の3つのトライアングルです。

  • 強気のトライアングル
  • 弱気のトライアングル
  • 均衡ているトライアングル

それぞれ解説していきます。

強気のトライアングル

ラインを引いた際に、三角形の左上側が直角になる三角形のトライアングルが「強気のトライアングル」になります。

相場が上昇、下落を繰り返していく中で、投資家が前回の安値まで相場が下落するのを待つことができずに買いを入るために、安値が切り上がっていく形になります。

このパターンが現れた際には、先高感が強く、マーケット参加者が「この先相場は上がる!」と強気になっている時になります。

つまり、このパターンのチャートが出現した際には、頂点をつけた後に、上にブレイクする確率が高くなります。

弱気のトライアングル

ラインを引いた際に、三角形の左下側が直角になる三角形のトライアングルが「弱気のトライアングル」になります。

強気のトライアングルの三角形を上下逆にした形で、徐々に高値が切り下がってくる形になります。

安値は一定で安定しているが、上昇に戻る力が弱いために、「前回の高値まで上昇しないだろう」という考えから、「とりあえず前回の高値より下で売っておこう」」と徐々に注意を払っていくマーケット参加者が増えている形になります。

その後、底堅いと思われていた安値から下落して行ったり、三角形の頂点から下に均衡が破られた際に、マーケット参加者は一斉にロスカットを行なったり、新規売りを行なう参加者も多くなってきます。

そのため、三角形の左下が直角になっているトライアングルの形の頂点をつけたときは、その後相場が下落する確率が高い形と言えます。

均衡しているトライアングル

綺麗な二等辺三角形となるのが「均衡したトライアングル」になります。

高値が徐々に切り下がるにつれて、安値が徐々に切り上がっていることで、振り幅が小さくなっている形になります。

「これから相場が上がっていく」という先高感を持ったマーケット参加者と、「これから相場が下落していく」という先安感を持ったマーケット参加者が均衡して、頂点が形成されるまでどちらの方向に動くのかわからないチャートパターンになります。

ただし、どちらかにブレイクアウトした際には、そのタイミングが売買サインと考えることができるので、上抜けであればHIHG、下抜けであればLOWと戦略立てることもできます。

チャートパターンを覚えるメリット

チャートパターンを覚えるメリットは以下の2つがあります。

  • 相場の流れを予測できる
  • 価格の値幅を予測できる

では、それぞれ解説していきます。

相場の流れが予測できる

先ほど紹介したチャートパターンを覚えておくことで、今後の相場の流れを予測して、エントリーポイントを探したり、根拠の1つとして考えることが可能になってきます。

そもそも、チャートパターンが形成されるのは、「投資家心理」が関わってきます。

相場には様々なポジションを持った投資家がいます。

買いポジションを持っていたけれど、予測に反して高値を更新できなかったから、これ以上下がってしまうと損失が大きくなるので、損切りをしよう。

といったように、価格の変動を見て、投資家は行動を起こしていきます。

このような投資家の行動がチャートパターンとして現れています。

また、チャートパターンを意識して取引をしている人たちによって、チャートパターンが形成されるという面もあります。

必ずしもチャートパターン通りに相場が動くことももちろんありません。

相場はなま物で、その日のよって形成の過程なども全然違います。

なので、チャートパターンは必ずそうなるというものではなく、あくまで相場を予測するための根拠の1つになります。

価格の値幅を予測できる

チャートパターンの中には、相場の価格の幅が予測できるものもあります。

例えば、Wトップのようなパターンでは、2つ目の山の頂点から谷までの値幅と同じだけ下落すると言われているので、ある程度どのくらい下がるかの検討はつきます。

しかし、チャートパターンのみでのエントリーは正直危険です。

ですので、チャートパターンの他にも、ローソク足の動きやインジケーターなどを活用して相場を予測していくことも大切になります。

チャートパターン分析の注意点

実際にチャートパターンを分析していく上で注意していただきたいこともあります。

それは、「チャートパターンの分析は主観的要素が高い」ということです。

どういうことか説明していきます。

チャートパターンの分析は主観的要素が高い

先ほどご紹介したチャートパターンの図は、わかりやすくはっきり書いた図になります。

しかし、実際のチャートにはあんなに綺麗なチャートパターンが出ることは滅多にありません

つまり、自分が捉えているチャートパターンが必ずしも投資家達も同じように捉えているとは限らないのです。

なので、チャートパターンによる分析は主観的要素がとても高いというデメリットもあることは注意が必要です。

自分一人がチャートパターンと思っても意味がないということは念頭におきながら、トレードに役立てていきましょう!

チャートパターンを使った取引の方法

では、実際にチャートパターンを使った取引の方法を紹介します。

Wトップ/Wボトムの取引方法

Wトップ/Wボトムの形成時は、ネックラインを突き抜けたところを狙っていきます。

急激に上昇したポイントが出現した場合、Wトップの可能性を疑いましょう。

逆に急激に下落したポイントが出現した場合は、Wボトムの可能性を疑いましょう。

今回は、Wトップを例に紹介します。

下記の画像のようにネックラインを突き抜けて、相場が再度下降した相場でLOWエントリーを狙います。

この際に、他のインジケーターの動きなどから、トレンド転換をしているのかどうかを判断し、下降トレンドを把握できた場合に、LOWエントリーを入れます。

Wボトムの場合は、逆です。

ヘッドアンドショルダーの取引方法

ヘッドアンドショルダーの取引方法としては、ヘッドアンドショルダーを確認後のネックラインを突き抜けた後を狙っていきます。

ヘッドアンドショルダーが形成されている際には、ネックラインがサポートの機能を果たしています。

しかし、2つ目のショルダー形成時にネックラインを下に突き抜ける場合があります。

一度ネックラインを突き抜けた相場は、トレンド転換と判断することができます。

この際にもう一度ネックラインに相場が戻ってくると、ネックラインが今度はレジスタンスラインの機能を果たすため、ネック

ラインでサイド反発して相場の下落が進んでいきます。

このように、ネックラインでの反発後に相場が下降していった際に他のインジケーターなどを確認し、下降トレンドになったのかどうかを確認し、LOWでエントリーを入れていきます。

トライアングルの取引方法

三角保ち合いでの取引方法は、それぞれ引いたラインをブレイクした方向への順張りのエントリーが一般的になります。

ブレイクするまでの期間が長いと、ブレイクする力も強くなります。

しっかりとブレイクを確認し、ブレイクした方向へエントリーを入れていきましょう。

まとめ

今回は、バイナリーオプションのチャートパターンについて解説しました。

チャートのパターンについて知っておくことで、エントリーの予測立てがよりしやすくなります。

なので、今回紹介したチャートパターンはしっかり覚えて、意識して取引を行ってみてください!