バイナリーオプション逆張り民は刮目せよ!エンベロープの使い方・取引手法を公開!

バイナリーオプション逆張り民は刮目せよ!エンベロープの使い方・取引手法を公開!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • エンベロープってどんなインジケーターですか?
  • エンベロープの使い方を知りたい!
  • エンベロープを使った取引手法を教えてください!

ナヤメル君

今回は、インジケーター紹介になります!

「エンベロープ」というインジケーターについて解説するので、これからのバイナリーオプションの取引に役立てていただければと思います!

では早速本編に参りましょう!

エンベロープとはどんなインジケーターなのか?

エンベロープとは、相場の売られすぎや買われすぎを判断することができる、逆張りに適したインジケーターです。

エンベロープは、移動平均線を基準にして、上下に一定の幅乖離させた線で構成されています。

そのため、現在の価格が移動平均線からどのくらい離れているのかを確認できます。

基本的に、バイナリーオプションでエンベロープを使用する際は、移動平均線と組み合わせて使用します。

エンベロープとボリンジャーバンドの違いについて

エンベロープとボリンジャーバンドの違いについて

エンベロープとボリンジャーバンドの形を見ると、同じ形をしているように思えますが、バンドの表示の方法が異なります。

違いとしては、ボリンジャーバンドは移動平均線を基準に標準偏差で作られていて、価格の変動によって膨張と収縮を繰り返していきます。

エンベロープは、価格の変動によってのバンドの膨張や収縮はなく、一定の幅で動いていきます。

そのため、ボリンジャーバンドでネックになっていた「バンドウォーク」がないです。

ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

エンベロープをMT4のチャートに設定させる方法

では、エンベロープをMT4のチャート上に設定する手順についてご説明いたします!

エンベロープをMT4のチャート上に設定する方法は、下記の手順を踏んでいきます。

  • MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック
  • インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる
  • トレンドインジケーターリスト一覧の中にある「エンベロープ」をクリック
  • パラメーターを設定し「OK」をクリック

 

では、画像を使いながらエンベロープをMT4のチャート上に設定する手順について解説いたします!

エンベロープの設定方法①:MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

まずはじめに、MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリックしてください。

エンベロープの設定方法②:インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる

次に、インジケーターリスト一覧の中にある、「トレンド」にカーソルをあてます。

「トレンド」にカーソルをあてると、トレンドインジケーター一覧が表示されます。

エンベロープの設定方法③:「エンベロープ」をクリック

トレンド系インジケーター一覧の中にある、「Envelopes(エンベロープ)」をクリックしましょう。

エンベロープの設定方法④:パラメーターを設定し「OK」をクリック

上の画像のように、パラメーターを入力するウィンドウが表示されます。

エンベロープのパラメーターにある期間は、基本的に使用している移動平均線と同じ値にするのがおすすめです。

また偏差のパーセンテージについては、時間足によって変える必要があります。

エンベロープの時間足別の推奨偏差
  • 1分足 → 0.03〜0.04%
  • 5分足 → 0.05〜0.07%
  • 15分足 → 0.10〜0.15%
  • 1時間足 → 0.15〜0.20%

上記の設定値は「期間:20」で設定した場合の偏差になります。

そのため期間を変更する際は、上の推奨偏差をもとに微調整を行ってください。

上記の推奨偏差を参考に、エンベロープの設定したい数値や、色などを設定したら「OK」をクリックしてください。

エンベロープの基本的な見方・使い方

エンベロープの基本的な見方としては、ボリンジャーバンドと同様に、上下の線に触れた際にトレンドの転換を判断していきます。

エンベロープは以下のように使っていきます。

  • 上の線に触れた:下降トレンド転換の可能性
  • 下の線に触れた:上昇トレンド転換の可能性

エンベロープの上の線にローソク足が触れると買いが強いという判断ができ、売りへの転換が期待できるので、LOWエントリー。

逆に、エンベロープの下の線にローソク足が触れると売りが強いという判断ができ、買いへの転換が期待できるので、HIGHエントリーになります。

エンベロープは、上下の線に触れた際に買いと売りの強さの判断ができるので、オシレーター系のインジケーターと組み合わせることが有効です!

エンベロープを使ったバイナリーオプション取引手法を紹介!

では実際に、バイナリーオプションで使えるエンベロープを使った5分取引の取引手法をご紹介していきます!

今回は、RSIとエンベロープを組み合わせた手法をご紹介します!

今回使用するインジケーターは以下の3つです。

MT4のチャート設定:5分足チャート
  • エンベロープ:期間20、偏差0.05%
  • RSI:期間13、70%・30%
  • 移動平均線:期間20

設定が終わった後は早速エントリーをしていきましょう!

エントリー方法については、HIGHエントリーとLOWエントリーに分けてそれぞれ解説していきます。

HIGHエントリーの場合

HIGHエントリーの場合のエントリーの仕方は以下の通りです。

HIGHエントリーのサイン
  • エンベロープの下の線にローソク足が触れる、もしくは突き抜けていることを確認
  • RSIの数値が30%以下かを確認する
  • 両インジケーターのサインを確認できたら次の足の始値でHIGHエントリー

実際のエントリーポイントは以下の通りです。

LOWエントリーの場合

LOWエントリーの場合のエントリーの仕方は以下の通りです。

LOWエントリーのサイン
  • エンベロープの上の線にローソク足が触触れる、もしくは突き抜けていることを確認
  • RSIの数値が70%以上かを確認する
  • 両インジケーターのサインを確認してLOWエントリー

実際のエントリーポイントは以下の通りです。

バイナリーオプションの取引でエンベロープを使う上での注意点

バイナリーオプションの取引をする上で、エンベロープを使用する際は、「トレンド発生時にはエントリのサインが機能しない」ということに注意しましょう!

エンベロープの基本的な使い方は、上下の線に反発を狙うものですが、強いトレンド発生時には反転しない場合もあります。

例えば上記の画像のように。強いトレンドが発生している場合は、エンベロープにローソク足が張り付いている状態が続きます。

また、エンベロープは基本的に移動平均線と一定の幅をとって推移しますが、トレンド発生時には移動平均線とのズレが生じる場合もあります。

移動平均線とエンベロープがずれている場合、すなわちトレンド発生時には、エンベロープを有効活用することができないため、エントリーを避けるようにしましょう!

まとめ

今回は、エンベロープというインジケーターを紹介しました!

エンベロープ以外にも、バイナリーオプションで使えるインジケーターはたくさんあります。

これからもバイナリーオプションで使えるインジケーターを紹介していくので、是非楽しみにしててください!