【最新版︎】バイナリーオプションの無料カスタムインジケーターまとめ

【最新版︎】バイナリーオプションの無料カスタムインジケーターまとめ

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • インジケーターを無料でMT4に入れてみたい!
  • バイナリーオプションで使える無料のインジケーターを知りたい!
  • 無料でダウンロードできるサイトを教えてください!

ナヤメル君

バイナリーオプションである程度テクニカル分析を行っていると、「自分でMT4をカスタマイズいて見たい!」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、どのインジケーターを選んで、どのようなカスタマイズをすればいいかわからず、上記のような悩みをもたれる方は非常に多いです。

今回は、そんな悩みを解決するために、プロトレーダー黒マメが厳選した、無料でダウンロードできるMT4専用のカスタムインジケーターをご紹介します!

本記事を最後まで読むことで、自分に手法にあったカスタムインジケーターをMT4に挿入でき、オリジナルなチャートをカスタマイズできます!

ぜひ、最後まで読んでください!

また、MT4へのカスタムインジケーターの入れ方は下記の記事で解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせご覧ください!

無料でダウンロードできる!MT4トレンド系インジケーター

では、まずはじめに無料でダウンロードできるトレンド系インジケーターを4つ紹介します。

今回紹介するのは以下の4つです。

  • GMMA
  • HMA(Hull Moving Averege)
  • Regression_MT4_V2
  • Starc Bands

トレンド系インジケーターは、基本的に順張り手法でトレンドの方向性や強さを見る、重要なテクニカル指標です。

順張り手法で取引されている方は、ぜひ参考にしてください!

【無料】本当は教えたくないバイナリーオプションの順張り手法を公開! 【無料公開!】本当は教えたくないバイナリーオプションの順張り手法

GMMA

GMMA

GMMAとは、12本のEMA(指数平滑移動平均線)を同時に表示させて、価格トレンドの視覚化を目的としたトレンド系インジケーターです。

開発者のDaryl Guppy氏の名前をとって、「Guppy Multi Moving Average」とよばれ、略してGMMAとなっています。

また、日本語では「複合型移動平均線」ともよびます。

GMMAは基本的に、6本の短期移動平均線からなる短期線グループと、6本の長期移動平均線からなる長期線グループの2つに分けられます。

短期線グループと長期線グループの基本的な設定値は以下になります。

  • 短期線グループ:3・5・8・10・12・15
  • 長期線グループ:30・35・40・45・50・60

GMMAをみるときは、長期線グループでトレンドの状態や方向性を確認し、短期線グループでは短期的な値動きの動向を確認します。

HMA(Hull Moving Averege)

HMA(Hull Moving Averege)

HullMovingAverage(HMA)は、移動平均線の弱点である表示の遅延を減らし、応答性を上げると同時にノイズを排除することを目的としたトレンド系インジケーターです。

HullMovingAverageの計算には、加重移動平均 (WMA)を使用していて、古い価格よりも最近の価格を重視することで、優勢な市場のトレンドを特定するために使用できる即応的(先行的)でありながら、平滑な移動平均になります。

HullMovingAverageは、アラン・ハルによって開発されました。

Regression_MT4_V2

Regression_MT4_V2

Regressionとはトレンド系追随型のテクニカル指標で、ボリンジャーバンドは中心に移動平均線を用いますが、Regressionは中心に回帰直線を用います。

回帰直線とは、一次関数を利用した統計学状の指標で、皆さんがよく知るトレンドラインとは少々異なり、安値や高値どうしを結ばずにローソク足の中間を通って表されます。

Regressionは、その中心に標準誤差を線を、プラス方向とマイナス方向に表示させて線形回帰トレンドを作り出します。

誤差によって作り出されたプラス方向とマイナス方向の線が、レジスタンスラインやサポートラインとして機能するのが、このテクニカル指標です。

つまり、Regressionはトレンド系追随型のゾーン系インジケーターになります。

Starc Bands

Starc Bands

STARC Bandsはケルトナーチャネルと改良版ケルトナーチャネルを合わせて2で割ったような指標です。

上抜けすると強い上昇トレンドの発生、下抜けすると強い下降トレンドの発生を表しています。

ボリンジャーバンドとは似て非なるインジケーターですが、ボリンジャーバンドと相性もいいのでオススメです。

無料でダウンロードできる!MT4オシレーター系インジケーター

次に、無料でダウンロードできるオシレーター系インジケーターを4つ紹介します。

今回紹介するのは以下の4つです。

  • シャンデモメンタムオシレーター
  • RCI
  • RD-Combo
  • THV RSI Oscillator

オシレーター系インジケーターは、基本的に逆張り手法で相場の買われすぎや売られすぎなどの過熱性や、ダイバージェンスを判断する重要なテクニカル指標です。

逆張り手法で取引されている方は、ぜひ参考にしてください!

逆張り手法に未来あり!バイナリーオプションの逆張り手法を3つ伝授 逆張り手法に未来あり!バイナリーオプションの逆張り手法を3つ伝授

シャンデモメンタムオシレーター

シャンデモメンタムオシレーター

シャンデモメンタムオシレーター(CMO)は1994年にTushar S. Chandeが開発したオシレーター系インジケーターです。

シャンデモメンタムオシレータ―は、-100~100の数値を表示し、0の値を中心にして相場の「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を示すインジケーターになります。

また、シャンデモメンタムオシレータ―での数字の大きさはトレンドの強さも表しています。

シャンデモメンタムオシレーターでは、ある期間の為替レートの値上がり幅・値下がり幅という値幅に注目し、RSIのように総値幅に占める値上がり幅のみに注目するものではありません。

値上がり幅と値下がり幅の差に注目しているため、「買われ過ぎ・売られ過ぎ」だけではなく、上か下かどちらの方向に勢いがあるかというモメンタム分析にも使える点がRSIとの違いです。

RCI

RCI

RCIとは、「時間」と「価格」のそれぞれに順位をつけ、両方にどれだけの相関関係があるのかを3本の線で表したオシレーター系インジケーターです。

RCIの値は、-100~+100の間を推移し、価格が上昇を続ければ+100%に近づいていき、下落を続ければ-100%に近づいていきます。

また、RCIはオシレーター系とトレンド系の両方の性質を持っており、オシレーター系指標は期間を変えても滑らかにはなりませんが、RCIは比較的滑らかになるという特徴があります。

RCIは、計算期間を長くすればするほど滑らかになりますが、RCIの反応が相場より少し遅くなります。

RD-Combo

RD-Combo

RD-Comboとは、MT4上のサブウィンドウに表示されるオシレーター系テクニカル指標で、RSIやストキャスティクスと同様に「相場の売られすぎ」「相場の買われすぎ」を判断するためのインジケーターです。

逆張りはでは基本的に「相場の売られすぎ」「相場の買われすぎ」から判断することで、反対方向へとエントリーをしかける手法です。

ですので、RD-Comboは逆張り手法を行うときに、とても役に立つインジケーターの1つです。

THV RSI Oscillator

THV RSI Oscillator

THV RSI Oscillatorとは、RSIを元に作成されたカスタムインジケーターです。

ただ、RSIよりも相場の過熱性が一目でわかりやすい仕様になっています。

RSIを使ってテクニカル分析をされていて、いまいち見方がわからなかったり、タイミングが掴めないという方にオススメのカスタムインジケーターです。

MT4専用インジケーターを無料でダウンロードできるサイト

バイナリーオプションで使える無料インジケーターについて知れたと思います。

次に普段黒マメが利用している、インジケーターを無料でダウンロードできるサイトを紹介します!

今回紹介するインジケーターを無料でダウンロードできるサイトは3つです。

  • MQLプログラミングマーケット
  • インジケーターダウンロード館
  • ForexNihon.com

では、それぞれ紹介していきます!

MQLプログラミングマーケット

MQLプログラミングマーケット

MQLプログラミングマーケットは、MT4を提供しているMetaQuotes社がトレーダー向けにインジケーターや自動売買(FXEA)などを販売しているプラットフォームです。

世界中のトレーダーが開発したEAやインジケーターをダウンロードでき、自身のMT4へと挿入することができます。

無料でダウンロードできるものもあれば、有料で販売されているものもあるので、ぜひ利用してみてください!

MQLプログラミングマーケットはこちら

インジケーターダウロード館

インジケーターダウロード館

インジケーターダウンロード館はとても有名な、無料インジケーターダウンロードプラットフォームです。

トレンド系からオシレーター系まで、4000個以上のインジケーターがダウンロードできるため、オススメのインジケーター無料ダウンロードサイトです。

インジケーターダウンロード館はこちら

ForexNihon.com

ForexNihon.com

ForexNihon.comは、もともと海外のインジケーター無料ダウンロードサイトで、日本語版に翻訳されたプラットフォームです。

海外のトレーダーが作成したインジケーターを無料でダウンロードでき、日本ではめずらしいインジケーターも数多くアップロードされています。

インジケーターの使い方やどんなインジケーターかも解説されていますが、日本語訳されているので、少々読みにくいというデメリットはあります。

ですが、とても優良なインジケーターがたくさんあるので、ぜひ利用してみてください!

ForexNihon.comはこちら

MT4専用無料カスタムインジケーターを選ぶときのポイント

最後に、MT4専用無料カスタムインジケーターを選ぶ時のポイントについて解説します。

カスタムインジケーターを選ぶ時のポイントは、下記の3つになります。

  • 自分の手法にあっているかどうか
  • サインとして使うのかどうか
  • 使い方や分析方法は簡単かどうか

この3つを抑えることで、バイナリーオプションのための相場分析を、有利に行うことができます。

逆を言えば、この3つを抑えないとインジケーターを挿入したところで、全く使えないものとなってしまいます。

まずは、この3つのポイントをしっかりと抑えてから、カスタムインジケーターをダウンロードしましょう!

まとめ

今回は、バイナリーオプションに使える無料インジケーターについて解説しました。

今回の内容をまとめると、

まとめ
  • 無料でダウンロードできるトレンド系インジケーター:GMMA、HMA、Regression_MT4_V2、Starc Bands
  • 無料でダウンロードできるオシレーター系インジケーター:シャンデモメンタムオシレーター、RCI、RD-Combo、THV RSI Oscillator
  • インジケーターを無料でダウンロードできるサイト:MQLプログラミングマーケット、インジケーターダウンロード館、ForexNihon.com

ぜひ、今回の記事を読んで、自分にあったインジケーターを無料でダウンロードして、バイナリーオプションに生かしてください!