スワップポイントとは?FXでスワップについて知っておくべき基礎知識

スワップポイントとは?FXでスワップについて知っておくべき基礎知識

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • スワップポイントってなに?
  • スワップポイントで稼ぐことは可能?
  • スワップポイントが高い通貨は?

ナヤメル君

FXでスキャルピングやデイトレードなどの、決済までに日をまたがない取引を行なっている方には、あまり馴染みのない言葉かもしれません。

今回はFXの専門用語「スワップポイント」についてご説明していきます!

FXでスワップについて知っておくべき基礎知識の概要

FXで取引を行なっていて、次の日にポジションを持ち越してしまったという経験をしたことはありますか?

そのような経験をされた方は、スワップポイントが、買いポジションの場合は利益、売りポジションの場合は含み損になっていたと思います。

「スワップポイント」について、冒頭でも述べましたが、スキャルピングやデイトレードを行なっている方は、あまり聞きなれない言葉です。

では、スワップポイントとは何か、どうすればスワップポイントがもらえるのかについてご説明していきます!

本記事の「スワップポイントとは?FXでスワップについて知っておくべき基礎知識」の内容は下記になります。

  • スワップポイントとは何か
  • スワップポイントのメリット・デメリット
  • スワップポイントが高い通貨ペア
  • スワップ運用にオススメなFX会社

今回の内容をしっかりと読むことで、スワップポイントについて理解ができ、スワップポイントを利用した資産運用ができるようになります。

ぜひ、最後までお読みください!

FXスワップポイントとは?

スワップポイント(金利差調整分)は、通貨同士の金利差から求められる金額のことを指します。

黒マメ

銀行の預金にかかる金利の仕組みと似ているよ!

FXでは、高金利の通貨を低金利でロング(買い)し長期間保有することで、その金利差と保有している期間分のスワップポイントを、利益として受け取ることができます。

つまり、スワップポイントで利益を得るためには、高金利の通貨を運用すると高い利益を狙うことができます。

たとえば超低金利の日本と世界金利ランキングで1位のトルコで比較してみると、日本の金利は0.1、トルコは現在24.0%で金利差は23.9%となります。

現在2019年の1トルコリラ=約20円のなので、20円を1万通貨で運用をするとなると、

20円 × 10000 × 23.9% ÷ 365 = 130円

毎日130円を受け取ることができる計算になります。

このように高金利の通貨を安い時に買い、高い時に売りその差額が、スワップポイントとして受け取ることができるという仕組みになります。

スワップポイントの「受け取り」と「支払い」

スワップポイントには「受け取り」と「支払い」があります。

通貨を長期間保有していた場合と低金利の通貨を売って高金利を買った場合は「受け取り」となり、利益が発生します。

しかし、スワップポイントはマイナスになってしまったときは「支払い」をしなければならない場合があります。

受け取りに時とは逆で高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買ってしまった時に「支払い」が発生します。

マイナスになってしまった場合に覚えておいてほしいことは、ポジションを持ち続けている限りマイナス分の支払いはしなければならないということです。

利益を得ることができるのが1日単位ならば損失も同じですので、毎日支払いというようなことにならないためにも見極めが重要になります。

注意

利益を引き出す場合は為替損益とスワップポイントの合計がプラス出なければ出金することができません。

スワップポイントはいつもらえるの?

FX会社によって異なりますが、1日単位でスワップポイントはつきますが、実際に受け取ることができるのは2日後となります。

3日分をまとめて受け渡しが可能なFX会社もありますので口座開設時に確認してみてください。

FXスワップポイントのメリット・デメリット

スワップポイントで運用していくためには、しっかりとメリットとデメリットについて理解しておかなければいけません。

スワップポイントのメリット・デメリット

メリット:受け取りであれば毎日利益が入るという点

デメリット:ショートポジションお場合毎日支払いが発生する点

では、それぞれスワップポイントのメリットとデメリットについてご説明いたします!

スワップポイントのメリット

スワップポイントのメリットは、受け取りであれば毎日利益が入るという点です。

短期で取引を行っている場合と違い、長期保有にはリスクはありますが、ポジションを置いていれば長期間保有した分利益を得られるという点が大きなメリットです。

ちなみに、この保有期間は土日の市場が閉まっている場合でも加算されていきます。

また、スワップポイントは次の日に繰越すことを「ロールオーバー」といいます。

営業終了時間はFX業者によって異なりますが、終了ギリギリでエントリーしてもロールオーバーしたとみなされるので、エントリーするタイミングも重要になってきます。

スワップポイントのデメリット

スワップポイントは、高金利通貨を売って低金利通貨を買ってしまうと、毎日支払いが生じてしまうという点です。

また、毎日変動するため急激な円高になることもあるのです。そういった場合にプラスからマイナスになってしまうということもあります。

ですので、所有しているポジションを定期的に確認する必要があることを理解しておきましょう。

また、FX業者によって通貨ペアが違いますので、マイナスが発生する可能性がある通貨ペアは避けて取引することが重要です。

FXスワップポイントが高い4つの通貨ペア比較

では、スワップポイントが高い4つの通貨ペアをそれぞれ見ていきましょう!

  • 豪ドル/日本円(AUD/JPY)
  • NZドル/日本円(NZD/JPY)
  • トルコリラ/日本円(TRY/JPY)
  • 南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)

今回は、上記にあげた4つの通貨ペアについて比較していきます。

スワップポイントが高い通貨ペア①:豪ドル/日本円(AUD/JPY)

スワップポイントが高い通貨ペア①:豪ドル/日本円(AUD/JPY)

豪ドル(オーストラリア・ドル)は、オーストラリア連邦で使われる通貨で、金利は1.00%~1.5%です。

AUD/JPYの通貨ペアによるスワップポイントは、1日あたり約45円と少なめですが、新興国通貨と比較するとリスクは小さく値動きが安定しており日本で人気の通貨ペアになります。

資源国通貨ですので、「資源の価格」「輸出国である日本や中国の経済状況」の影響は受けやすい傾向にありますので日々の確認は欠かせません。

スワップポイントが高い通貨ペア②:NZドル/日本円(NZD/JPY)

スワップポイントが高い通貨ペア②:NZドル/日本円(NZD/JPY)

NZドル(ニュージーランド・ドル)は、ニュージーランドやその周辺の国の通貨で現在2019年のNZドル政策金利は、豪ドルと同様に1.5%となっています。

NZD/JPYの通貨ペアは、比較的値動きも少なく安定しているという特徴があります。

しかし大きな注文があった場合などに、一定方向に定まった動きをすることがあるので注意が必要です。

またNZD/JPYを見るときは、オーストラリアと中国の経済状況も同時に確認することをオススメします。

スワップポイントが高い通貨ペア③:トルコリラ/日本円(TRY/JPY)

スワップポイントが高い通貨ペア③:トルコリラ/日本円(TRY/JPY)

トルコリラはトルコ共和国の通貨で、他国と比べても高金利で、スワップ運用で人気が高い通貨です。

最もスワップポイントで運用するのに向ている通貨ではないでしょうか。

金利は約24.0%で日本は約0.1%なので、金利差は23.9%もあり、TRY/JPYだと毎日100円前後受け取ることができます。

しかし高金利な分、マイナスになったときに支払う金額も大きくなるので気を付けましょう。

スワップポイントが高い通貨ペア④:南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)

スワップポイントが高い通貨ペア④:南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)

南アフリカランドは、南アフリカ共和国の通貨で政策金利6.75%と高金利な通貨です。

トルコリラ同様、低金利の円とは相性のいい通貨になります。

南アフリカ共和国は資源国通貨で、ダイヤモンドやゴールドなどを輸出しており、中国や米国などの経済状況を確認しておかなければなりません。

また新興国通貨なので期待のできる通貨ではありますが、変動が不安定な分、取引にかかるリスクは大きいでしょう。

ですので、ZAR/JPYで取引する場合はしっかりと、資金管理やポジション管理をすることが重要になってきます。

スワップポイント運用にオススメのFX会社3選!

スワップポイントの運用するためには、どのFX会社でもいいわけではありません。

スワップポイントは、市場金利に基づいて、それぞれのFX会社が決定するため、FX会社によってスワップポイントが異なるのです。

そのため、スワップ運用をするためには、なるべくスワップポイントの高いFX会社を選ぶことが重要です。

黒マメ

今回は、FXでスワップ運用にオススメなFX会社を3つ紹介するよ!

スワップポイント運用にオススメのFX会社①:みんなのFX

スワップポイント運用にオススメのFX会社①:みんなのFX

みんなのFXの無料口座開設はコチラ

みんなのFXは、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソなど高金利の通貨を高水準で提供しているのが特徴の業者です。

みんなのFXではトルコリラ、南アフリカランドが一押しされています。

またポジションが未決済の場合でもスワップポイントを受け取ることができます。

また約定率も99.9%と高く安心して取引を行うことができます。

スワップポイント運用にオススメのFX会社②:ヒロセ通商

スワップポイント運用にオススメのFX会社②:ヒロセ通商

ヒロセ通商【LION FX】の無料口座開設はコチラ

ヒロセ通商は、他のFX業者と比べても高いスワップポイントを提供し南アフリカランド、メキシコペソが一押しのFX会社です。

例で出すと、ZAR/JPYが150円、TRY/JPYが121円と長期取引でスワップポイントを狙っている方には特におすすめです。

通貨数としても50通貨の扱いがあり、低~高まで様々な種類の通貨がそろっています。

スワップポイント運用にオススメのFX会社③:DMM FX

スワップポイント運用にオススメのFX会社③:DMM FX

DMM FXの無料口座開設はコチラ

DMM FXのスワップポイントの特徴は、売りスワップが低い(安い)ということです。

売りスワップが低いということは、ショートポジションを保有している時に非常に有利に働きます。

つまり、スワップポイントを気にしないで。気兼ねなく売り注文ができるということです。

スプレッドも安くてスワップポイントも良い点から、スワップ運用にオススメなFX会社の1つになります。

FXスワップポイントのまとめ

今回はスワップポイントについての説明をさせていただきました!

今回のスワップポイントについてまとめると、

FXスワップポイントまとめ
  • スワップポイントとは、通貨同士の金利の差
  • スワップポイントには、ロングの場合は「受け取り」ショートの場合は「支払い」が生じる
  • スワップポイントのメリットは、毎日利益がもらえる点
  • スワップ ポイントのデメリットは、支払いが生じた場合、毎日マイナスになる

FX会社によってことなりますので。スワップポイント狙いで取引を行う場合は、

スワップポイント狙いで取引を行う場合
  • 高金利の業者はあるか
  • スワップポイントの水準
  • 出金時のルール

等を重視してFX会社を選ぶといいでしょう。

また新興国通貨は不安定でリスクがあるので経済状況の把握をすることが取引に繋がるでしょう。

ポジションを置いておくだけではありますが定期的な確認は必ずすることをオススメします!