FXとはどんな投資?初心者にもわかる利益の仕組みとリスクについて

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • FXってどんな投資なの?
  • FXの利益が出る仕組みを教えて!
  • FXにどんなリスクがあるの?

ナヤメル君

今回はF、FXとはどんな投資なのかについて解説いたします! ぜひ最後までお読みください!

FXとはどんな投資?初心者にもわかる利益の仕組みとリスクについて

FXを副業ではじめようと考えている方は、最近になって増えているような気がします。

その理由として、日本の労働賃金や労働者数の問題で、時間給による仕事に不満を持たれている方が増えたことが関係しているのではないかと… 。

今回は、「これから副業を始めよう!」と考えている方の中でも、FXに興味がある方に向けた記事の内容になっています。

僕がFXを1000人以上に教えていた経験をもとに、FX初心者が、稼げるようになるまでの手順について発信していきます!

 本記事の内容は以下のとおりです。

  • FXとはどんな投資なのか
  • FXの3大メリット
  • FXのリスク
  • FXを始めるための最低資金

本記事を最後まで読むことで、FXとはどんな投資なのかを理解でき、安心してFXを始めることができます!

ですので、ぜひ最後までお読みください!

FXとはどんな投資?【カンタンに理解できる!】

FXとは、「Foreign Exchange」の略で、正式名称は外国為替証拠金取引といいます。

FXをやっていない初心者の方でも、「ドルを買って売るの単純な取引」ということは何となく理解しているかと思います。

「ドルを買って売るの単純な取引」をもっと詳しく説明すると、「異なる通貨の売買」ということです。

例えば、日本円や米ドル、ユーロやポンドといった、各国の通貨をそのまま買ったり売ったりする取引になります。

FXでは、2つの通貨の取引が基本で、米ドルが基軸通貨(取引するときの基軸になる通貨)とされています。

これら2つの通貨のペアを「通貨ペア」とよび、日本円と米ドルの通貨ペアをドル円(USD/JPY)とよびます。

また、日本円で米ドルを買うと「ドル買い」と「円売り」の取引となり、日本円以外のさまざまな通貨でも、このように2つの通貨を用いた通貨ペアで取引が行われます。

FXで利益が出る仕組みは?

ではFXがどんな投資なのか理解できたところで、次にFXで利益が出る仕組みについて解説します!

FXで利益が出る仕組みは、通貨の価格(レート)の変動によって出る差額から利益を出していきます。

次に「通貨の価格(レート)の変動によって出る差額」について詳しく説明していきます!

よくテレビのニュースなどをご覧になる方なら、「本日の為替の値動きは、1ドルあたり110円10銭で取引されています」などとアナウンスされているのを、一度は耳にされたことがあるかと思います。

この「1ドルあたり110円10銭」というのは、通貨の価値のことです。

この場合、米ドルの価値は日本円に換算すると110円10銭であるということになります。

ちなみに、日本円と米ドルを交換するときの価格を「交換レートともよびます。

FXではこの交換レートをもとに売買することで、利益を出すことができます。 例えば、1ドル=100円のときにドルを買い、次の日に1ドル=101円になったとすれば、1円の利益になります。

もし、1ドル=100円のときに100万円分のドル(1万ドル)を買ったとすれば、利益は1万円になります。

このように、米ドルの価値が上昇したときに、ドルを購入しておけば利益になるということです。

しかし、利益を上げるためには通貨がいつ安く買えるのか、いつ高く売れるのかという相場の流れを把握しなければいけません。

海外の情勢に大きく影響を受ける為替レートは、チャートを見て過去の値動きのパターンに当てはめながら取引をしていくことが一般的です。

チャートとは、縦軸を価格、横軸を時間でグラフ化したものです。

上のチャートを見ながら、どのタイミングで通貨を買うのか、どのタイミング通貨を手放すのかについて分析しながら取引を行います。

FXのトレードの流れ

FXでは、トレードを行うときに3つのステップを踏みます。

  1. 通貨の売買注文
  2. ポジション保有
  3. 決済注文

まず、取引を行うため通貨ペアの売買の発注をかけます。

このとき、FXは信用取引のため「空売り」といって、その通貨を持っていなくても「売る」という行為ができます。

つまり、最初のステップとして通貨を買うのか売るのかの注文を、FX会社を通して行います。

次に、ポジションを保有します。

ポジションとは、購入または売却した通貨ペアの残高です。

ポジションを保有している期間中は、レートの変動によりプラスになったりマイナスになったり、持っているポジションによって損益がでます。

そして最後に、決済注文をして取引が終了します。

決済注文は、買いでポジションを持っていた場合は売却、売りでポジションを持っていた場合は買い戻しになります。

決済注文をしてはじめて、FXの損益が決定します。

FXトレードの流れをまとめますと、「売買注文→ポジション保有→決済注文」という流れになります!

ですので、「買ったら終わり」「売ったら終わり」ではなく、しっかりと決済注文までを1トレードと考えましょう!

FXの3大メリットとは【魅力がいっぱい!】

では次に、FXのメリットについて解説いたします!

FXのメリットの中でも、最大のメリットを3つご紹介します!

  • 資金が少なくても取引ができる
  • 不況でもFXでは利益を出せる
  • スワップポイント(金利)で毎日利益が貯まっていく

ではそれぞれどのようなメリットなのか解説します!

FXのメリット①:資金が少なくても取引ができる

FXの最大のメリットの1つが、少ない資金からでも大きな取引ができるという点です。

投資では、大きい利益を得るために大きい資金を投じなければいけません。

しかし、FXではレバレッジという仕組みがあるため、手元に大きなお金がなくても「手元の資金以上のお金」で投資することができます。

レバレッジとは?
レバレッジとは「てこの原理」という意味があります。 てこの原理は小さな力で大きな力を生み出すことができますが、FXでも同じような小さな資金で大きな金額を動かせるという意味合いで使われます。

FXでレバレッジをかけるということは、小さな投資額で大きな投資を行うことができ、その結果大きな利益を生み出すことが可能になります。

例えば、資金が10万円しか手元にない場合でも、10倍のレバレッジをかけたとすると、10万円の資金×10倍のレバレッジ=100万円分の取引ができるようになります。

国内のFX会社のほとんどが、このレバレッジを25倍までかけることができます。

このように、レバレッジをかけて少ない資金でも大きな投資ができるということが、FXの最大のメリットになります!

FXのメリット②:不況でもFXでは利益を出せる

FXでは、経済状況が不況でも利益を出すことができます。

普通の投資では、買った後に価格が上がった時点で売って利益を出すことが一般的です。

ですが、FXでは価格が下落したときでも利益を出すことができます。

株式投資をイメージしている人は、景気がよくないと利益が出せないと思っている方も多いでしょう。

しかし、FXでは円安や円高、好景気や不景気といったどんな経済状況でも利益を出すチャンスがあります。

先述しましたとおり、FXは国と国との通貨価値の変動によって利益を出していくため、値動きがどんな方向を向いていても利益を出すことができます。

では、なぜFXはどんあ経済状況でも利益を出せるのでしょうか?

理由は、FXでは通貨を買う取引だけではなく、通貨を売って買い戻すという取引ができるからです。

例えば、通常なら1ドル=100円で買った通貨が、1ドル=101円になったら売って1円の利益を得ます。

このような一般的な投資に対して、FXでは1ドル=101円のときに、現実ではもっていないドルを売り、1ドル=100円になった時点でドルを買い戻すことで、1円の利益を得ることができます。

この、「売ってから買い戻す」という取引方法ができることが、FXならではのメリットになります。

少々難しいと感じられると思いますが、FXではどんなに景気が悪い状況でも、普段と変わらずに利益を出すチャンスがあるということです。

FXのメリット③:スワップポイント(金利)で毎日利益が貯まっていく

FXの3つ目のメリットは、FXは通貨の売買で利益を上げるだけでなく、外貨を保有しているだけで毎日コツコツ資金を増やすことができます。

FXではこれを、スワップポイントとよびます。

スワップポイントとは?
 スワップポイントとは、貯金や外貨預金にかかる金利のようなものです。具体的には、FXで売買を行ったときに発生する国と国との金利の差のことを指します。

通貨にはそれぞれ国が設定した金利があります。

現在の日本の金利(政策金利)は普通預金の場合、1年で0.1%しかつきません。

しかし、最近トルコリラショックで世間を騒がせた、トルコの政策金利は年8.0%も金利がつきます。

このように、トルコのような超高金利の国の通貨を買って、日本のような低金利の国の通貨を売るという取引を行った場合、2つの国の金利の差額を利益として受け取ることができます。

この2か国間の金利の差額をスワップポイント、またはスワップ金利とよびます。 スワップポイントは、高金利の通貨を買って保有しておくだけで、毎日貰うことができます。

FXのリスクは?【初心者は気をつけよう!】

FXにはもちろんリスクもあります。 特にFXにはレバレッジという仕組みがあるため、資金以上の投資ができる反面、損失のリスクもより大きくなります。

レバレッジが10倍の場合、10万円で100万円分の取引ができるので、利益も10倍になりますが、その分10万円を失うリスクもあるということです。

つまり、レバレッジをかければかけるほど、得られる利利益に比例して失うリスクも伴うということです。

このように、高いレバレッジをかけて取引をしていると、少し反対方向に値が動いただけで強制ロスカットされてしまい、取引不能となってしまいます。

ロスカットとは?
口座に残っている資金が一定のラインを超えてしまったら、FXの会社側が強制的に自動で損失を確定して決済すること

 強制ロスカットを簡単に説明すると、トレーダーがこれ以上損失を出さないための安全装置のようなものです。

その一方で、強制的に決済されてしまうので、FXトレーダーにとっては取引不能のゲームオーバーのような一面もあります。

強制ロスカットでゲームオーバーにならないためにも、レバレッジのかけすぎなどには注意して、リスク管理をしていく必要があります。

FXは難しい?【敷居が高いイメージが…】

  • FXってなんか難しそう
  • 忙しくて自分にはできないな

ナヤメル君

FXはなんとなく敷居が高いイメージが定着していますが、日本のFXの利用者数は50万人以上といわれています。

実は、FXは手軽に始められる投資として、人気がとても高いのです!

このセクションでは、「FXって実際はハードルがそんなに高くない!」ということについて、3つの理由からご説明していきます!

  • 自分のライフスタイルにあった取引ができる
  • スマホのアプリで取引が可能
  • 株と比べて選択肢が狭いため選びやすい

ではそれぞれご説明していきます!

FXは自分のライフスタイルにあった取引ができる

FXは自分のライフスタイルにあった取引をすることができます。

株の取引時間が平日9時~15時(昼の11時~12時30分をのぞく)までしかないのに比べ、FXは24時間取引をすることができます。

また、市場参加者が最も多い時間帯が、日本時間の22時~翌2時ということもあり、とくに仕事終わりのサラリーマンが、副業としてFXで取引を行うことができるという点も、FXが人気の高い理由の1つです。

また、サラリーマンに限らず、学生や主婦などの、いろんな方のライフスタイルにあった時間帯や期間で、自由に取引ができるので、仕事が忙しい方でも気がるにFXを始めることができます。

FXはスマホのアプリで取引が可能

FXはパソコンに張り付いていないと取引ができないんじゃないの?

ナヤメル君

と考えている方も多いのではないでしょうか?

FXは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでも取引することができます。

ワンタッチトレードの機能や、パソコンにも劣らないチャート機能、経済のニュース速報や経済指標カレンダーなど、プロトレーダー顔負けの機能が備わっているため、いつでもどこでも気軽にFXで取引ができます。

スマホで取引ができれば、通勤や昼休みなど、パソコンが手元にない状況でも、いつでもチャート画面を確認でき、取引することができます。

また、FX会社はスマホアプリの開発に力を入れているため、ユーザーがより取引しやすいようにできています。

スマホアプリで取引できるという点でも、FXの取引が気軽にできる理由になります。

FXは株と比べて選択肢が狭いため選びやすい

FXは株のように銘柄選びに時間をかける必要がないため、投資初心者やFXの知識がない人でも気軽に取引がを開始することができます。

FXと株の大きな違う点は、投資する対象の数です。

FXで取引できる通貨ペアの数は約20種類ほどしかないのに比べ、株の取引銘柄の数はとても多く、東証一部だけでも約2000種類以上の銘柄があります。

株のように取引できる銘柄が多いと「どれを選べばいいかわからない」となってしまい、どうしてもハードルが高くなってしまいます。

一方でFXは、20種類しかない通貨ペアから取引する通貨ペアを選ぶため、株よりもハードルが低くなります。

また、FXで取引される通貨ペアは、多くのトレーダーが取引するメジャーなドル円やユーロドル、ユーロ円のように限られるため、20種類の通貨ペアからさらに選択肢が絞られます。

このように、取引する通貨ペアを選びやすい点も、FXの取引をスタートする敷居が低い理由です。

FXはいくらから始められるの?

FXを始めるには資金がたくさん必要なのでは?

ナヤメル君

と考える初心者の方は非常に多いです。

FXはレバレッジがかけられるため、資金が少額しかなくても、数千円からでも始めることができます!

また、極端な例でいうとSBI FXトレードの場合、5円からでもドル円を1通貨だけ購入することが出来ます。

ただ、あまりに少額すぎても利益を出すことが困難なため、1000通貨から取引できるFX会社であれば5万円~10万円のように、取引量の10倍程度の資金からスタートすることをオススメします!

その理由として、FXには一定水準をしたまわると強制ロスカットされてしまうからです。

強制ロスカットをされないためにも、資金に余裕をもつことはとても重要です!

まとめ

今回は、FXとはどんな投資なのかについて解説しました!

FXは国と国との通貨価値の変動を利用して利益を出す投資です。

また、FXを利用するための敷居はとても低く、スマホアプリを使っていつでもどこでも気軽にトレードできます。

FXは人気の高い副業として幅広い年代の方々が利用している投資です!

この機会にFXをはじめてみてはいかがでしょうか? ではまた次回の記事でお会いしましょう!