【炎上覚悟】FXの自動売買(EA)は本当に勝てるのか教えます

【炎上覚悟】FXの自動売買(EA)は本当に勝てるのか教えます

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • FXの自動売買は本当に勝てるの?
  • FX自動売買を運用してどれくらいの利益を出すことができるの?
  • 勝てるFX自動売買ってどんなシステムなの?

ナヤメル君

今回はFXの自動売買システムが本当に勝てるのかどうかについて解説します!

【炎上覚悟】FXの自動売買(EA)は本当に勝てるのか教えます

FXを始めてみても、仕事や家事、学業などに忙しいと「FXを自動で取引できないか」と考える方は多いと思います。

ですが、「FX自動売買」と聞くと、「本当に勝てるかどうか」という疑問は誰しもが湧くでしょう。

また、もしFXの自動売買を使うとしたら、しっかりと勝てるシステムを使いたいですよね。

今回の記事では、実際に「FXの自動売買を使ったら利益がでるのか」「勝率はどれくらいだと利益が出るのか」など、FX自動売買システム運用に関して、必要な情報をわかりやすく解説していきます!

今回の「 【炎上覚悟】FXの自動売買(EA)は本当に勝てるのか教えます」の内容は下記になります。

FXの自動売買(EA)は本当に勝てるのか教えますの概要
  • FX自動売買システム(EA)とは?
  • FX自動売買システム(EA)で本当に勝つことはできるのか?
  • FX自動売買システム(EA)を使ってどのくらい勝てるのか?
  • 勝てるFX自動売買システム(EA)かどうかを判断する方法
  • FX自動売買システム(EA)利用時の注意点

本記事を最後まで読むことで、FX自動売買システムが「本当に勝てるのかどうか」の疑問が解決でき、勝てるFX自動売買システムがどのようなものなのかが理解できます!

ぜひ、最後までお読みください!

FX自動売買システム(EA)とは?

FX自動売買システムとは、発注から決済までのFXの取引を自動で行なってくれるシステムで、FXEAとも呼ばれています。

FXEAの「EA」とは?

EAとは「ExpertAdvisor(エキスパートアドバイザー)」の略称で、主にMT4という無料のFX取引プラットフォームで開発された「自動売買システム」のことを指します。

基本的にFXの自動売買システムは、MT4上で動作するExpertAdvisor(エキスパートアドバイザー)が主流で、インターネット上から無料でダウンロードできるものもあります。

そして、EAをネットなどを通じて自分のMT4にダウンロードすると、他人が開発した自動売買システムを使って自動売買トレードが行えるようになります。

文字通りFX自動売買システムは、自動でFXの取引を行ってくれるため、忙しくて自分でトレード数時間が取れないというサラリーマンの方や、家事などで忙しい主婦の方でも、パソコンに張り付いてチャートを見る必要がないということです。

FX自動売買システム(EA)のメリット・デメリット

では、FX自動売買システムのメリットとデメリットについてご説明していきます。

FX自動売買システムのメリットとデメリットについて理解することで、FX自動売買システムを使った方がいいのか、使わなくてもFX取引ができるのかの判断材料になります。

ですので、しっかりとFX自動売買システムのメリットとデメリットについて理解しておきましょう!

FX自動売買システム(EA)のメリット

FX自動売買システムのメリットは大きく分けて3つあります。

  • FXの取引を自動で行なってくれる
  • 感情的な失敗がない
  • FXの経験が浅い初心者でも利益を出すことができる

では、それぞれのFX自動売買システムのメリットについてご説明していきます!

FX自動売買システムのメリット①:FXの取引を自動で行なってくれる

FX自動売買システムの最大のメリットは、FXを自動でトレードしてくれる点です。

朝早くから夜遅くまで仕事をされている方や、家事や育児が忙しい主婦の方のように、FXのトレードする時間がない方はたくさんいらっしゃいます。

ですが、FX自動売買システムを運用することによって、仕事や家事をしている合間にも、自動で取引を行ってくれるため、1日の終わりに取引口座を開いたら、利益になってるということもあります。

このように、FX自動売買システムは勝手にFX取引をしてくれる点が、FX自動売買システムの最大のメリットになります。

FX自動売買システムのメリット②:感情的な失敗がない

FX自動売買システムの2つ目のメリットは、感情的な失敗がない点です。

FXトレードにおいて、最も負ける要因で多いのが感情的な失敗です。

「まだ相場は上がる」や「いつか戻ってくる」などのように、ダラダラとポジションを決済できないまま、含み損だけが膨らんでしまうとう経験をされたことがあるかと思います。

ですが、FX自動売買システムでは、このような感情的な失敗がありません。

FX自動売買システムがあらかじめ決められた設定通りに売買を自動的に繰り返してくれるので、どのような状況においても感情的にならず、常に淡々と取引をしてくれます。

以上が、FX自動売買システムの2つ目のメリットになります。

FX自動売買システムのメリット③:初心者でも利益を出すことができる

FX自動売買システムの3つ目のメリットは、優秀なトレーダーが作った自動売買システムを試すことができるだけに、FXの経験が浅い初心者でも利益を出すことができます

FXの経験や知識が少ない初心者の場合、自分だけの力だけで勝てる取引ルールを考案しようとしても限界があります。

しかし、すでにFXの経験が豊富で優秀なトレーダーが開発したFX自動売買システムを使うことで、経験不足を補いながらFXを始められます。

このように、FX自動売買システムは経験や知識が少ない初心者の方にとっては、最初から利益を出すことが可能な点が、FX自動売買システムの3つ目のメリットになります。

FX自動売買システム(EA)のデメリット

FX自動売買システムには、上記のような魅力的なメリットがある反面、デメリットもあります。

FX自動売買システムとはまず、あらかじめ組み込まれたプログラムによって取引を行ってくれます。

そのため、万が一の事態が生じても融通が効きづらいというデメリットがあります。

例えば、経済指標の発表や要人発言等の、ファンダメンタル的な要素による突発的な相場の値動きにとても弱いのです。

また、FX自動売買システムの稼働中にパソコンが不調を来たし、誤作動を起こしてしまう可能性もあります。

このように、「もしも」の事態に備えられるように、あらかじめ経済指標やニュースのチェック、お手持ちのパソコンの状況などを確認する必要があります。

以上が、FX自動売買システムのデメリットになります。

FX自動売買システム(EA)で本当に勝つことはできるのか?

結論から申し上げますと、FX自動売買システムを使って勝つことは本当にできます

ですが、100%勝てるといった「必勝パターン」は存在しないことを理解しておきましょう。

では、FX自動売買システムは勝つことができる理由について、FX自動売買システムである「EA作成」に背景を交えながら解説します!

FX自動売買システム(EA)は勝つことができる理由

ヘッジファンドと呼ばれるFXの機関投資家のほとんどが、AIを組み込んだアルゴリズム取引を利用しています。

為替市場を24時間監視することは、コンピュータが最も得意とする分野です。

また、AIを使うことでトレーダーの持つ経験や知識はプログラム化することができます。

しかし、ヘッジファンドが常に高い運用実績を残しているかというと、実はそうでもないのです。

FXの投資自体、人が取引を行っても、コンピューターに取引を任せても、どっちみち取り扱いにくい金融商品なんです。

黒マメ

こうしてみると、MT4のEAに頼ればFXで好結果が残せると単純に考えるということは間違いであることが分かるね!

ですが、FX自動売買システムがチャンスと認識して実行された取引が必ずしも勝ちにつながるとは限りませんが、そのたびに躊躇なく損切りを実行してくれます。

また、期待通りに相場が動いた際には、その利益を極大化してくれる仕組みもプログラムすることが可能です。

FX自動売買システムが勝てるかどうかを結論づける上で、以下の2点が必ず必要になります。

  • 取引の「開始」から「利確」「損切り」を寸分の狂いもなく実行できること
  • 比較的勝ちやすい戦術で取引を行ってくれること

つまり、上記2点を踏まえ、市場を絶えず監視して単純作業を繰り返すという人間の限界を超えた処理能力が、勝てるFX自動売買システムの条件になります。

そして、このようなFX自動売買システムは実際に市場に出回っており、誰でも簡単に手に入るものから、機関投資家の間でしか出回ってないものなど、たくさんのFX自動売買システムが世界にはあります。

以上の理由から、実際にFX自動売買システムは勝つことができるのです。

FX自動売買システム(EA)はどれくらいの勝率で利益になるの?

実はFX自動売買システムでは、勝率がどれくらいあれば利益になるというわけではありません。

実際に「勝率95%以上!」と宣伝されているFX自動売買システムを見かけることがありますが、勝率95%以上あっても利益が出せない自動売買システムも存在します。

ではなぜ、勝率95%でも利益にならないFX自動売買システムが存在するのかについてご説明します!

勝率は関係ない!勝率95%でも利益にならないFX自動売買システム

では、なぜ「勝率95%」のFX自動売買システムでも利益にならないのでしょうか。

利益にならない理由は、TP(TakeProift)SL(StopLoss)、つまり「利益確定」と「損切り」の関係性にあります。

例えば、実際の運用データが「TP=10pips」 「SL=200pips」だった場合、勝率が約95%を維持したとしても、最終的な収支はマイナスになります。

上記の運用データで年間平均取引回数が100回だとすると、以下のような計算になります。

年間平均取引回数が100回の期待獲得pips

勝率95%(利確950pips:損切り1000pips) → -50pips

勝率97%(利確970pips:損切り600pips) → +130pips

勝率99%(利確990pips:損切り200pips) → +790pips

また、取引回数を増やせば獲得pips数も大きくなりますが、その分勝率も下がるのでハイリスクハイリターンな投資となります。

このように、FX自動売買システムではTPとSLと勝率のバランスが、とても重要になります。

TPを浅くしてSLを深くして、といった安易な設定を行えば勝率は高くなりますが、それだけでは勝てるFX自動売買システムにはなりません。

これからFX自動売買システムみていくうえで、勝率でけでは優位性をはかることはできないということを頭に入れておきましょう。

勝てるFX自動売買システム(EA)かどうかを判断するポイント

では、勝てるFX自動売買システムかどうかはどのように判断すれば良いのでしょうか。

勝てるFX自動売買システムかどうかを判断するポイントは、下記にあげる4つのポイントです。

  • プロフィットファクター
  • 最大ドローダウン
  • 勝率
  • 取引回数

初めて聞く単語も多いと思いますので、それぞれの勝てるFX自動売買システム(EA)かどうかを判断するポイントについて解説していきます!

FX自動売買システムかどうかを判断するポイント①:プロフィットファクター

プロフィットファクターとは、「利益率」のことを指し、純利益を純損益で割った時の数値です。

プロフィットファクター = 総利益 / 総損失

プロフィットファクターの数値が高いFX自動売買システムほど、利益率に優れているFX自動売買システムと判断できます。

例えば、総利益が100万、総損失が50万なら、プロフィットファクターは2.0になります。

基本的にプロフィットファクターで表される数値は、全てのトレードで負け越していれば1.0以下、勝ち越していれば1.0以上になります。

つまり、プロフィットファクターが1未満だと利益が出ないFX自動売買システムとなります。

黒マメ

理想としては、プロフィットファクターは1.5以上あるFX自動売買システムを選ぶといいよ!

FX自動売買システムかどうかを判断するポイント②:最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、連続している確定損益の金額のことで、一時的に最大資産から一番落ち込んだ場合の下落率を指します。

例えば、資産が100万円ある状態で、最大ドローダウンが30%だった場合、資産が一番減った状態で70万円まで落ち込んだことを意味します。

最大ドローダウンの金額が投資した資金の5割以上だと、かなり危険なFX自動売買システムとなります。

最大ドローダウンとは詰まる所、資産が今後どの程度減るのか、リスクの可能性を提示しているものなだけに低い方が良いです。

FX自動売買システムかどうかを判断するポイント③:勝率

勝率とは、利益確定した取引数から総トレード数を割った時の数値に100を掛けて表すことができます。

勝率(%) = 利益確定した取引数利益確定した取引数 / 総トレード数 × 100

例えば、獲得pips数を考慮せずに、100回トレードして利益確定で終了したトレード数が70回あるとすると、上の計算式に当てはめると勝率は70%になります。

勝率は確かにFX自動売買システムを選ぶ時に重要なポイントなのですが、一回あたりの勝利の内容を具体的に精査しない限り、本当に良いFX自動売買システムなのかどうかわからないので注意しましょう。

たとえ勝率が高かったとしても、何ヶ月にもわたって塩漬けしないと勝てないとなると、短期売買をしたい人からすると不向きです。

なにより、たとえ勝率が高かったとしても、1回あたりに獲得できる利益が、負けた時の損失よりも低かったのでは利益を伸ばせません。

勝率95%のFX自動売買システムでも利益がでないという話があったように、勝率だけでFX自動売買システムを選ぶのではなく、勝率はあくまで後述する「取引回数」や他のポイントとあわせて考えるようにしましょう。

FX自動売買システムかどうかを判断するポイント④:取引回数

取引回数とは、FX自動売買システムのバックテストを行う際に指定した期間内に、どれだけ取引を行ったかという「総トレード回数」を指します。

取引回数は勝率とあわせて見るようにしましょう。

1日1回以上取引しているFX自動売買システムで、さらに勝率が高いFX自動売買システムともなると、かなり優秀なFX自動売買システムである可能性が高いです。

ただ、取引回数と勝率だけで判断せずに、先述した2つのポイントや、TPとSLもあわせて判断するようにしましょう。

FX自動売買システム(EA)で勝つための注意点

FX自動売買システムをただ、24時間稼働させておけば勝てるというわけではありません。

これからあげるFX自動売買システム運用の注意点を、しっかりと気をつけなければ、どんなに優秀なFX自動売買システムでも、利益を出すことができない結果になってしまいます。

勝つためのFX自動売買システム運用の注意点は4つ。

  • FX自動売買システム運用するためにはMT4を起動しておく必要がある
  • FX自動売買システムが保有したポジションの引き際を見極める
  • 重要な経済指標の前はFX自動売買システムを停止しておく
  • FX自動売買システム運用する証券会社にも注意する

では、それぞれのFX自動売買システム運用の注意点についてご説明いたします!

FX自動売買システムの注意点①:MT4を起動しておく必要がある

FX自動売買システム運用の注意点の1つ目は、FX自動売買システムを利用するときは、インターネットが接続された状態でMT4を起動しておく必要があります

万が一、インターネットの接続が途切れたり、パソコンが不具合を起こしてしまった場合、建玉を保有したまま利確も損切りもできない状態に陥る場合があります。

その結果、インターネット接続が復旧した時には莫大な含み損を抱えてしまっている、ということになりかねません。

そのため、インターネットが接続状況や、パソコンの不具合などには十分気をつけましょう。

FX自動売買システムの注意点②:引き際を見極める

FX自動売買システム運用の注意点の2つ目は、FX自動売買システムが保有したポジションの引き際を見極める必要があります

誰かが作ったFX自動売買システムを利用している場合のほとんどが、運用結果に対してある程度妥協すしなければいけません。

ですが、どうしても自分自身が理想としているトレードルール通りのEAがなかなか見つからなかった時に、妥協して選んだFX自動売買システムを利用してみて、結果的には全く思ったとおりの成績がでないケースもあります。

そこで、全く思ったとおりの成績がでない場合、利益確定や損切りをどの程度で行うかの引き際も見極めなければ、十分な利益を得ることは難しくなります。

どれだけトレードロジックが優秀なX自動売買システムでも、自分自身が理想としているトレードルール通りにならなかった場合には、躊躇せずに引き際を見極めて決済をしましょう。

FX自動売買システムの注意点③:重要な経済指標の前は停止しておく

FX自動売買システム運用の注意点の3つ目は、重要な経済指標の前にはFX自動売買システムを停止しておく必要があります

FX自動売買システムは、値動きがある一定のルール通りに動いた場合に、発注から決済の取引を行うようにロジックが組み込まれています。

ですが、重要な経済指標の前や発表時、発表後では、突発的な値動きや不規則な値動きになる可能性が高くなります。

結果的に、重要な経済指標の前に保有していたポジションが、経済指標の発表により相場が逆行してしまい、一発で損切りラインに届いてしまいかねません。

そのため、米雇用統計などのボラティリティの拡大が予想される経済指標の指標の発表前には、FX自動売買システムを停止しておきましょう。

ボラティリティの拡大が予想される経済指標
  • 米雇用統計(非農業部門就業者数/失業率):毎月第1金曜日22:30(夏時間21:30)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC):約6週間ごと27:00
  • 米消費者物価指数(CPI):毎月15日頃22:30(夏時間21:30)
  • 米GDP(速報値):1、4、7、10月の下旬22:30(夏時間21:30)

FX自動売買システムの注意点④:運用する証券会社にも注意する

FX自動売買システム運用の注意点の4つ目は、FX自動売買システム運用する証券会社にも注意する必要があります

FX自動売買システムを運用するためのMT4は、国内外合わせて数多くの証券会社での取引が可能です。

それにより、全く同一のFX自動売買システムでも、証券会社によって取引条件や利用できる注文方法が異なるため、FX自動売買システムがうまく作動しない場合もあります。

FX自動売買システムを導入、または自作するときは、自身が開設している証券会社で正常に動作するかを、しっかりとチェックしましょう。

FX自動売買システム(EA)は勝てるのかまとめ

今回はFX自動売買システムが本当に勝てるかどうかについてご説明しました!

結論、勝てるFX自動売買システムはあります。

ですが、勝てるFX自動売買システムかどうかの判断方法や、勝率がどれくらいあると利益が出るのかなど、FX自動売買システム運用に必要なポイントを把握しておかなければいけません。

今回の記事の内容をまとめると下記になります。

FX自動売買システムは勝てるのかまとめ
  • FX自動売買システムとはFXの取引を自動で行なってくれるシステム
  • FX自動売買システムのメリットは大きく分けて3つあり、「取引を自動で行なってくれる」「感情的な失敗がない」「初心者でも利益を出すことができる」
  • FX自動売買システムのデメリットは、「万が一の事態が生じても融通が効きづらい」
  • FX自動売買システムを使って勝つことはできるが「必勝パターン」は存在しない
  • 勝率95%以上あっても利益にならないFX自動売買システムが存在する
  • 勝てるFX自動売買システムかを判断するポイント4つあり、「プロフィットファクター」「最大ドローダウン」「勝率」「取引回数」
  • FX自動売買システム運用の注意点は4つあり、「MT4を起動しておく必要がある」「引き際を見極める」「重要な経済指標の前は停止しておく」「運用する証券会社にも注意する」

今回の記事をしっかりと読んで、ぜひ勝てるFX自動売買システムを見つけてください!