ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!

ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • ボリンジャーバンドってどんなインジケーター?
  • ボリンジャーバンドの使い方を知りたい!
  • ボリンジャーバンドを使った取引手法を教えてください!

ナヤメル君

ボリンジャーバンドは、FXとバイナリーオプションの両方で移動平均線に並ぶ、よく使用されるテクニカル指標のうちの一つです。

今回は、ボリンジャーバンドについて、徹底解説していきます!

ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方【3分でわかる!】

FXやバイナリーオプションなどの投資で、利益をあげるためには、テクニカル指標を使ったテクニカル分析をしなければいけません。

テクニカル分析にはたくさんの方法がある中で、今回はボリンジャーバンドというテクニカル指標を用いたテクニカル分析の方法について解説いたします!

FXをやられている方やバイナリーオプションをやられている方でも、ボリンジャーバンドのMT4の設定の仕方や簡単な使い方、手法を知り使いこなすことで、取引の勝率を上げることに繋がります。

初心者の方でもわかりやすいようボリンジャーバンドの基本から、取引で活用できる手法などを説明していきたいと思います。

今回の「ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方」の内容は下記になります!

  • ボリンジャーバンドとはどんなインジケーターなのか
  • ボリンジャーバンドの設定方法
  • ボリンジャーバンドの基本的な使い方
  • ボリンジャーバンドを使った取引手法
  • ボリンジャーバンドの注意点

今回の「ボリンジャーバンドとは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方」を最後まで読むことで、FXやバイナリーオプションでのボリンジャーバンドの活用方法を知ることができます!

ぜひ、最後までお読みください!

ボリンジャーバンドってどんなインジケーター?

ボリンジャーバンドってどんなインジケーター?

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャー氏が考案した「価格の大半はこの帯(バンド)の中に収まる」と統計学から生み出されたテクニカル指標です。

テクニカル指標で移動平均線をもとに、標準偏差と正規分布が用いられています。

黒マメ

ひとことで説明すると、移動平均と値動きの幅を表すバンドが加わったインジケーターだよ!

ボリンジャーバンドを使って相場を分析することで、相場の反転や保ち合い放れを判断することができます。

つまり、今で動いていた方向とは逆の方向に動いたり、狭い範囲内での動きが多く長期相場がほとんど動かない状態などの判断ができるということです。

また、ボリンジャーバンドの偏差はσ(シグマ)という単位で表され、為替レートがバンドの範囲内で動く確率が偏差によって異なってきます。

ボリンジャーバンドのバンド内に収まる確率
  • 1σ=68.3%
  • 2σ=95.5%
  • 3σ=99.7%
  • 4σ=99.9%
注意点

ボリンジャーバンドのバンド内に収まる確率と、実際の取引の勝率は一致しません!

ボリンジャーバンドをチャートに設定する方法

では、ボリンジャーバンドをMT4のチャート上に設定する手順についてご説明いたします!

ボリンジャーバンドをMT4のチャート上に設定する方法は、下記の手順を踏んでいきます。

  1. MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック
  2. インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる
  3. トレンド系インジケーターリスト一覧の中にある「BollingerBands」をクリック
  4. パラメーターを設定し「OK」をクリック

では、画像を使いながらボリンジャーバンドをMT4のチャート上に設定する手順について解説いたします!

ボリンジャーバンドの設定方法①:MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

ボリンジャーバンドをチャートに設定する方法

まずはじめに、MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリックしてください。

ボリンジャーバンドの設定方法②:インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる

ボリンジャーバンドをチャートに設定する方法

次に、インジケーターリスト一覧の中にある、「トレンド」にカーソルをあてます。

「トレンド」にカーソルをあてると、トレンド系インジケーター一覧が表示されます。

ボリンジャーバンドの設定方法③:「BollingerBands」をクリック

ボリンジャーバンドをチャートに設定する方法

トレンド系インジケーター一覧の中にある、「BollingerBands」をクリックしましょう。

ボリンジャーバンドの設定方法④:パラメーターを設定し「OK」をクリック

ボリンジャーバンドをチャートに設定する方法

上の画像のように、パラメーターを入力するウィンドウが表示されます。

設定したい期間やボリンジャーバンドの種類、ボリンジャーバンドの色などを設定したら「OK」をクリックしてください。

ボリンジャーバンドの基本的な使い方【知っておきたいバンド幅から相場分析する3つのパターン】

ボリンジャーバンドの使い方を知ることで、相場が今どんな状況にあり、これからどんな値動きをするのかをある程度把握することができます。

ボリンジャーバンドの基本的な使い方は大きく分けて3つあります。

  • バンドウォーク
  • スクイーズ
  • エクスパンション

ボリンジャーバンドの3つのパターンを覚えることで、相場の動きのパターンを読み取ることができ、バイナリーオプションやFXでのエントリーの機会を増やすことができます!

これから説明するボリンジャーバンドの3つのパターンをしっかりと覚えましょう!

ボリンジャーバンドの基本的な使い方①:バンドウォーク

ボリンジャーバンドの基本的な使い方①:バンドウォーク

ボリンジャーバンドの基本的な使い方の1つ目は、「バンドウォーク」です。

バンドウォークとは、±1σや±2σなどのバンドに沿ってローソク足が並び、上昇トレンドや下降トレンドの勢いが強く、値動きが安定したトレンドという判断ができます。

相場にトレンドが発生する前兆としてボリンジャーバンドが収縮します。

ボリンジャーバンドが収縮は、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスが起こったあとに起きやすく、バンドウォークも発生しやすくなります。

ですが、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスはダマシが多いため、バンドウォークが発生してトレンドがしっかり出るまで見極めることも重要です。

ボリンジャーバンドの基本的な使い方②:スクイーズ

ボリンジャーバンドの基本的な使い方②:スクイーズ

ボリンジャーバンドの基本的な使い方の2つ目は、「スクイーズ」です。

スクイーズとは、バンドの幅が狭く相場がレンジになっている可能性がある状況をいい、相場が大きく動く前兆の確率が高いパターンです。

ただボリンジャーバンドの幅が狭すぎるので、取引するためのエントリーポイントを見つけるのには適していません。

ですので、スクイーズが発生している相場では、トレンドが発生するタイミングを見逃さないように注意する必要があります。

ボリンジャーバンドの基本的な使い方③:エクスパンション

ボリンジャーバンドの基本的な使い方③:エクスパンション

ボリンジャーバンドの基本的な使い方の3つ目は、「エクスパンション」です。

エクスパンションとは、バンドの幅がの両方が大きく開くため、相場に強いトレンドがでている状況をいいます。

ただし、エクスパンションが発生した場合、相場が反転する可能性があるので慎重に見なければなりません。

移動平均線の向きもみておくと、トレンドが発生したのか、突発的な値動きなのかの判断ができるようになります。

ボリンジャーバンドを使ったFXとバイナリーオプションの取引手法を解説!

では、ボリンジャーバンドを使った取引手法について、FXとバイナリーオプションそれぞれに分けてご説明します!

ボリンジャーバンドを使った取引では、順張りと逆張りの両方で取引を行なっていきます。

投資の基礎知識:順張り、逆張りとは?
  • 順張り:為替レートが「上昇ならば買い」「下落ならば売り」というように、値動きの方向に沿ってエントリーすること
  • 逆張り:為替レートが「上昇ならば売り」「下落ならば買い」というように、値動きの方向とは逆方向にエントリーすること

ぜひ、ボリンジャーバンドを使ったFXとバイナリーオプションの取引手法について覚えましょう!

ボリンジャーバンドを使った取引手法:FX編

FXでボリンジャーバンドを使って取引を行う際は、順張りで取引を行なっていきます。

FXでの順張り取引は、「エクスパンション」「バンドウォーク」が発生したときに活用できる取引手法です。

ボリンジャーバンドの値動きのパターンの特徴を理解したうえで取引に活用しましょう!

バンドウォーク・エクスパンションの時に順張り取引

ボリンジャーバンドを使ったFXとバイナリーオプションの取引手法を解説!

スクイーズの終わり目からエクスパンションの形状へ変化した場合、開き始めたタイミングでエントリーをしましょう!

順張りで取引を開始した場合は、再び±2σや±3σに触れたタイミングで利益確定の決済注文を入れることをオススメします!

ちなみにバンドウォークは順張りが有効であると、ボリンジャーバンド考案者のジョン・ボリンジャー氏も推奨しています。

また、エクスパンション発生後の値動きで、バンドウォークが発生した相場では、さらに値幅を撮れるチャンスです。

エクスパンション発生した相場でバンドウォークも確認できたら、買い増しや売り増しで、さらに利益を上げられるように、デモトレード などで練習をしましょう!

ボリンジャーバンドを使った取引手法:バイナリーオプション編

バイナリーオプションでは、値動きが全くなく移動平均線も横ばいで相場が推移している時に逆張りで取引を行っていきます。

バイナリーオプションでの逆張り取引は、「スクイーズ」が発生したときに活用できる取引手法です。

ボリンジャーバンドの値動きのパターンの特徴を理解したうえで取引に活用しましょう!

スクイーズの時に逆張り取引

ボリンジャーバンドを使ったFXとバイナリーオプションの取引手法を解説!

相場にスクイーズが発生しているレンジ相場では、バオリンジャーバンドの+2σに触れて反転したタイミングでLowエントリー、−2σに触れて反転したタイミングでLowエントリーでエントリーをします。

バイナリーオプションでの逆張り取引を行う際は、バンドウォークやエクスパンションなどのトレンド発生に注意が必要です。

また、ボリンジャーバンドだけで逆張りを行わず、RSIやストキャスティクスなどの他のテクニカル指標を用いて、エントリーの根拠を増やすことも重要です。

ボリンジャーバンドを使って取引するときの注意点

バンドウォークの説明でも話しましたが、ボリンジャーバンドは移動平均線との関係性が強いです。

ボリンジャーバンドと移動平均線の関係性から起こりうる、間違った分析やトレンドが発生したとき、値動きがない相場でのボリンジャーバンドの形など、分析次第では大きな損失を作ってしまう可能性もあります。

ボリンジャーバンドだけで相場を判断するのではなく、移動平均線の向きや傾きなどのテクニカル分析も意識する必要があります。

ボリンジャーバンドを使って取引をしてみよう!

今回はFXやバイナリーオプションなどで、利用者の多いテクニカル指標のうちのボリンジャーバンドについてご説明しました!

ボリンジャーバンドは初心者からプロトレーダーまで、幅広く愛用されているインジケーターです。

ですが、ボリンジャーバンドは移動平均線をもとに形成されているため、移動平均線の知識も必要になります。

また、ボリンジャーバンドを使って取引を行う際は、「FXでは順張り」「バイナリーオプションでは逆張り」とご紹介しました!

バイナリーオプションで順張りを行う時は、トレンド発生をボリンジャーバンドで行い、エントリーポイントは移動平均線のエントリーサインでエントリーすることをオススメします!

移動平均線とは?バイナリーオプション・FXでの設定方法や使い方 移動平均線とは?バイナリーオプション・FXでの取引手法を公開!