【可能性は無限大】バイナリーオプションのインジケーター組み合わせ

【可能性は無限大】バイナリーオプションのインジケーター組み合わせ

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • 勝てるインジケーターの組み合わせを知りたい!
  • バイナリーオプションで勝率を上げたい!
  • インジケーターはわかるけど、組み合わせ方がわからない

ナヤメル君

インジケーターの組み合わせ方に悩んでいませんか?

「インジケーターのことはわかるけど、組み合わせ方がわからない」そんな方がほとんどだと思います。

ですので今回は、バイナリーオプションで使えるインジケーターの組み合わせを「順張り」「逆張り」の手法ごとに分けて解説したいと思います。

本記事を最後まで読むことで、バイナリーオプションで本当に使えるインジケーターの組み合わせについて知ることができます。

インジケーターの組み合わせ方がわかれば、勝率も格段に上がるので、ご参考にしてください!

本記事には「順張り」「逆張り」という用語がたくさん出てきます。

「順張り」と「逆張り」について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください!

順張りにオススメなインジケーター

「順張り」の手法をする上で、まずは知っておかなくてはならないことが3つあります。

それは以下の通りです。

  • トレンドの発生
  • トレンドの継続
  • トレンドの終わり

この3つを知るためにインジケーターが必要になります。

「順張り」にオススメなインジケーターは以下の5つになります。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • ADX/DMI
  • MACD

上記のインジケーターは、「トレンドの発生」「トレンドの強さ」を知ることができる、トレンド系のインジケーターです。

ですので、バイナリーオプションで「順張り」の手法をするのであれば、上記のインジケーターがオススメです。

順張りと言ったらこの組み合わせ3選

バイナリーオプションで「順張り」の手法を行う場合は、以下の3つの組み合わせがオススメです。

  • 移動平均線+RSI
  • 一目均衡表+MACD
  • MACD+移動平均線

移動平均線+RSI

順張りと言ったらこの組み合わせ3選

トレンド系インジケーターの移動平均線とオシレーター系インジケーターのRSIの組み合わせです。

まずは、移動平均線の「ゴールデンクロス」「デッドクロス」を確認しましょう!

ゴールデンクロス
短期移動平均線が中期移動平均線を下から上に突き抜けること
デッドクロス
短期移動平均線が中期移動平均線を上から下に突き抜けること

・ゴールデンクロスの発生時

移動平均線のゴールデンクロスを確認します。

ゴールデンクロス発生時に、RSIの数値が50以上であれば、上昇の力が強いことがわかります。

この2つの条件を、満たしたらHIGHエントリーを入れましょう!

・デッドクロス発生時

移動平均線のデッドクロスを確認します。

デッドクロス発生時に、RSIの数値が50以下なら、下降の力が強いことがわかります。

この2つの条件を満たしたらLOWエントリーを入れましょう!

一目均衡表+MACD

順張りと言ったらこの組み合わせ3選

 

MACDを使ってエントリーポイントを絞りつつ、一目均衡表の「雲」で相場の値動きの強さを把握していきます。

この組み合わせでは、騙しを回避しやすいです。

一目均衡表で見るべきポイントは、「雲」の位置と厚さです。

ローソク足の下に「雲」がある時は上昇トレンドの傾向があります。

逆に、ローソク足の上に「雲」がある時は下降トレンドの傾向があります。

「雲」が厚い時は相場が反発しやすく薄い時は突き抜けやすいです。

MACDでエントリーポイントを絞り、「雲」の厚さを見て騙しを避けましょう!

MACD+移動平均線

順張りと言ったらこの組み合わせ3選

MACDと移動平均線の組み合わせは、お互いの弱点をカバーすることができます。

移動平均線の弱点としては、トレンド発生のサインが遅いことです。

これをカバーするのがMACDになります。

MACDはサインのタイミングが遅いという弱点があります。

これは、移動平均線で全体のトレンドを見極めることで、カバーすることが可能です。

MACDと移動平均線の組み合わせは、このようにお互いの弱点をカバーすることができるのです。

MACDでエントリーポイント決めて、相場の全体の動きを移動平均線を使って見ていきましょう!

逆張りにオススメなインジケーター

「順張り」の手法をする上で、まずは知っておかなくてはならないことが3つあります。

それは以下の通りです。

  • レジスタンスラインとサポートライン
  • レンジ相場
  • ブレイクアウト

この3つを知るためにインジケーターが必要になります。

ブレイクアウト
レンジ相場上に引いた「レジスタンスライン」「サポートライン」を上や下に突き抜けること

「逆張り」にオススメなインジケーターは以下の3つになります。

  • RSI
  • CCI
  • ストキャスティクス

バイナリーオプションで「逆張り」の手法をするのであれば、上記のインジケーターがオススメです。

逆張りと言ったらこの組み合わせ3選

バイナリーオプションで「逆張り」の手法を行う場合は、以下の3つの組み合わせがオススメです。

  • MACD+RSI
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD+ストキャスティクス

MACD+RSI

逆張りと言ったらこの組み合わせ3選

MACDは0ラインとシグナルラインの交差でトレンドを読み取ることができます

シグナルラインが0ラインを下から上に突き抜けた場合は上昇トレンド転換の合図になります。

逆に、シグナルラインが0ラインを上から下に突き抜けた場合は下降トレンド転換の合図になります。

この組み合わせのエントリー方法は以下の通りです。

  • MACDのシグナルラインと0ラインの交差を確認
  • RSIの数値が30以下または70以上を推移している

上記の2つを確認した上でエントリーを入れましょう!

ボリンジャーバンド+RSI

逆張りと言ったらこの組み合わせ3選

ボリンジャーバンドを使う際は、±2σと±3σにタッチしたのを確認して逆張りをします。

また、RSIを組み合わせることによってより精度の高いエントリーをすることができます。

この組み合わせのエントリーの仕方は以下の通りです。

  • ローソク足がボリンジャーバンドの-2σか-3σにタッチしているか突き抜けている
  • RSIの角度が鋭角になっている

RSIは線が滑らかだと騙しが発生しやすいです。

ですので、RSIの角度が鋭角である事を確認しましょう!

また、バンドタッチでもエントリーを狙うことができます。

ボリンジャーバンドとRSIの動きを両方気にすることで勝率が格段に上がります。

MACD+ストキャスティクス

逆張りと言ったらこの組み合わせ3選

この組み合わせでは、MACDでトレンドの転換を把握し、ストキャスティクスで相場の強弱を把握します。

ストキャスティクスの細かい動きをMACDでトレンドを把握することで補助していきます。

ストキャスティクスの「K%線」が「D%線」を下から突き抜けるとゴールデンクロスが発生します。

逆に、「K%線」が「D%線」を上から下に突き上げるとデッドクロスが起こります。

ゴールデンクロス、デッドクロスの発生を確認し、MACDの方向を見てエントリーを入れましょう!

具体的なエントリーポイントは以下の通りです。

  • MACDが上向き
  • ストキャスティクスにゴールデンクロスを確認
  • MACDが下向き
  • ストキャスティクスにデッドクロスを確認

この2つの組み合わせは、逆張りの精度が高いです。

まとめ

今回は、バイナリーオプションでオススメなインジケーターの組み合わせについて解説しました!

まとめると以下の通りです。

タイトル

「順張り」にオススメなインジケーターの組み合わせ

  • 移動平均線+RSI
  • 一目均衡表+MACD
  • MACD+移動平均線

 

「逆張り」にオススメなインジケーターの組み合わせ

  • MACD+RSI
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD+ストキャスティクス

インジケーターの組み合わせ方は無限大です!

それぞれのインジケーターの使い方を理解し、自分にあった組み合わせを見つけましょう!

ツールを組み合わせてさらに勝率を上げる!

サインツール無料プレゼント

 

  • バイナリーオプションで全然勝てません。
  • 自由な時間とお金が欲しいです。
  • ハイロー専用のツールはありますか?

ナヤメル君

黒マメ

こんなお悩みを持たれている方がたくさんいました。

ですので今回は、バイナリーオプションで使える高性能サインツールを無料で限定配布!

自由な”時間”と”お金”が欲しい方は下記のサインツール 無料受け取り専用公式LINEアカウントを追加して受け取ってください