ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説

ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説ストキャスティクスとはどんなインジケーター?使い方・見方について解説

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • ストキャスティクスってどんなインジケーター?
  • ストキャスティクスの設定方法を知りたい!
  • ストキャスティクスを使い方や見方を教えてください!

ナヤメル君

オシレーター系テクニカル指標の中で、RSIに続いて使用者の多いストキャスティクス。

しかし、ストキャスティクスを使っている人の中でも、本当の使い方を知らずに使っている人がほとんどです。

ストキャスティクスの本当の使い方を知ることで、FXやバイナリーオプションの分析をより正確にすることができます。

本記事では「ストキャスティクスとはどんなインジケーターなのか」「ストキャスティクスの本当の使い方」についてご説明していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

ストキャスティクスとはどんなインジケーターなのか

ストキャスティクスとはどんなインジケーターなのか

ストキャスティクスとは、一定期間の高値と安値を活用して、相場の「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を判断するためのオシレーター系インジケーターです。

ストキャスティクスには、「%K」と「%D」の2本のラインを利用したファーストストキャスティックス。

「Slow%K」と「Slow%D」の2本のラインを利用したスローストキャスティクスの2種類があります。

ですが、ほとんどのトレーダーがスローストキャスティクスを利用していて、「ストキャスティクス」というと、このスローストキャスティクスが用いられることが一般的です。

黒マメ

本記事でもスローストキャスティクスを「ストキャスティクス」と表記して説明するよ!

ストキャスティクスをMT4のチャートに設定する方法

では、ストキャスティクスをMT4のチャート上に設定する手順についてご説明いたします!

ストキャスティクスをMT4のチャート上に設定する方法は、下記の手順を踏んでいきます。

  1. MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック
  2. インディケータリストの一覧にある「オシレーター」にカーソルをあてる
  3. オシレーター系インジケーターリスト一覧の中にある「Stochastics」をクリック
  4. パラメーターを設定し「OK」をクリックパラメーターを設定し「OK」をクリック

では、画像を使いながらストキャスティクスをMT4のチャート上に設定する手順について解説いたします!

ストキャスティクスの設定方法①:MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

まずはじめに、MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリックしてください。

ストキャスティクスの設定方法②:インディケータリストの一覧にある「オシレーター」にカーソルをあてる

インディケータリストの一覧にある「オシレーター」にカーソルをあてる

次に、インジケーターリスト一覧の中にある、「オシレーター」にカーソルをあてます。

「オシレーター」にカーソルをあてると、オシレーター系インジケーター一覧が表示されます。

ストキャスティクスの設定方法③:「Stochastics Oscillator」をクリック

「Stochastics Oscillator」をクリック

オシレーター系インジケーター一覧の中にある、「Stochastic Oscillator」をクリックしましょう。

ストキャスティクスの設定方法④:パラメーターを設定し「OK」をクリック

上の画像のように、パラメーターを入力するウィンドウが表示されます。

ストキャスティクスの設定したい期間や、色などを設定したら「OK」をクリックしてください。

ストキャスティクスの基本的な使い方・見方

ストキャスティクスをMT4上に表示できたところで、さっそくストキャスティクスの基本的な使い方見方について見ていきましょう。

ストキャスティクスの基本的に使い方・見方は大きく分けて3つあります。

  • %Kまたは%Dの1本を使う
  • %Kと%Dの2本を使う
  • ダイバージェンス

では、それぞれの基本的な使い方・見方について解説していきます。

使い方①:%Kまたは%Dの1本を使う

%Kまたは%Dの1本を使う

ストキャスティクスの基本的な使い方・見方の1つ、%Kまたは%Dの1本を使って相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を分析する方法があります。

ストキャスティクスの%Kまたは%Dは、80%以上で買われすぎ、20%以下で売られすぎと判断でき、RSIと同様に相場の過熱性をみることができます。

ただ、%Kと%Dから「買われすぎ」や「売られすぎ」をみる場合、通貨ごとの特性があるため、どのように推移した場合にどう動くかをしっかりと観察する必要があります。

使い方②:%Kと%Dの2本を使う

%Kと%Dの2本を使う

ストキャスティクスの基本的な使い方・見方の2つ目として、%Kと%Dの2本を使って売買サインを分析する方法です。

80%以上の値で%Kが%Dを下に抜けることをデッドクロスといい、売りサイン。

20%以下の値で%Kと%Dを上に抜けることをゴールデンクロスといい買いサインとして使います。

ただ、ストキャスティクスのデッドクロス、ゴールデンクロスを狙う場合、ダマシも多くなりますので、期間の設定や他のインジケーターとあわせて使うことをおすすめします。

使い方③:ダイバージェンス

ストキャスティクスのダイバージェンス

ストキャスティクスの基本的な使い方・見方の3つ目は、オシレーター特有のダイバージェンスを分析する方法です。

ダイバージェンスとは、相場の逆行現象をさし、上昇している相場に対してストキャスティクスが下落。

下落している相場に対してストキャスティクスが上昇しているポイントで、ダイバージェンスが発生していると判断します。

ストキャスティクスのダイバージェンスでも、MACDやRSIなど他のオシレーターと同様に、相場の天井と大底を示唆する可能性が高いサインになります。

まとめ

今回はストキャスティクスについて、どんなインジケーターなのか、使い方や見方について解説しました。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

今回のまとめ
  • ストキャスティクスは相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断するためのオシレーター系インジケーター
  • 一般的に「Slow%K」と「Slow%D」の2本のラインを用いたスローストキャスティクスが使われている
  • %Kまたは%Dが80%以上を推移していると「買われすぎ」、20%以下を推移していると「売られすぎ」
  • %Kが%D下抜けするとデッドクロスで売りサイン、上抜けするとゴールデンクロスで買いサイン
  • ストキャスティクスでダイバージェンスが発生した場合、天井と大底を示すサインとなる

ストキャスティクスはFXやバイナリーオプションなどで、逆張り手法の売買サインとして用いられることの多いインジケーターです。

本記事を読んで、逆張り手法を行っている方はぜひ、ストキャスティクスを使って見てください。

ストキャスティクスと組み合わせられる高性能サインツール無料プレゼント!

サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き)

  • バイナリーオプションで全然勝てません。
  • 自由な時間とお金が欲しいです。
  • ハイロー専用のツールはありますか?

ナヤメル君

黒マメ

こんなお悩みを持たれている方がたくさんいました。

ですので今回は、バイナリーオプションで使える高性能サインツールを無料で限定配布!

自由な”時間”と”お金”が欲しい方は下記のボタンをクリック!

サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き) サインツール無料プレゼント!(豪華特典付き)