Standard Deviationとは?バイナリーオプションでの取引手法を公開!

黒マメ

黒豆トレーダーの黒マメです!
  • Standard Deviationってどんなインジケーターですか?
  • Standard Deviationの使い方を知りたい!
  • Standard Deviationを使った取引手法を教えてください!

ナヤメル君

今回は、「Standard Deviation」について解説していきます!

Standard Deviationとはどんなインジケーターなのか?

Standard Deviationは、トレンド系インジケーターの一つです。

MT4にデフォルトで入っているインジケーターのうちの1つです。

Standard Deviationは、日本語で標準偏差という意味ですが、標準偏差といえばボリンジャーバンドの方が有名です。

しかし、Standard Deviationはボリンジャーバンドと組み合わせると、とっても使いやすいインジケーターになっています。

画像を見ていただくとわかる通り、Standard Deviationはサブウィンドウに表示され、線も一本という部分がボリンジャーバンドとは違います。

Standard Deviationは、移動平均線から価格がどのくらい離れているのかを確認することができ、価格が大きく動いた際には、Standard Deviationが大きく上昇するのが特徴です。

ボリンジャーバンドのようにチャートが見にくくならないので、おすすめです!

Standard DeviationをMT4のチャートに設定させる方法

では、Standard DeviationをMT4のチャート上に設定する手順についてご説明いたします!

Standard DeviationをMT4のチャート上に設定する方法は、下記の手順を踏んでいきます。

  • MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック
  • インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる
  • トレンド系インジケーターリスト一覧の中にある「Standard Deviation」をクリック
  • パラメーターを設定し「OK」をクリック

では、画像を使いながらStandard DeviationをMT4のチャート上に設定する手順について解説いたします!

Standard Deviationの設定方法①:MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリック

 

まずはじめに、MT4の画面上部にある「インディケータリスト」をクリックしてください。

Standard Deviationの設定方法②:インディケータリストの一覧にある「トレンド」にカーソルをあてる

次に、インジケーターリスト一覧の中にある、「トレンド」にカーソルをあてます。

「トレンド」にカーソルをあてると、トレンドインジケーター一覧が表示されます。

Standard Deviationの設定方法③:「Standard Deviation」をクリック

トレンド系インジケーター一覧の中にある、「Standard Deviation」をクリックしましょう。

Standard Deviationの設定方法④:パラメーターを設定し「OK」をクリック

上の画像のように、パラメーターを入力するウィンドウが表示されます。

Standard Deviationの設定したい期間や、色などを設定したら「OK」をクリックしてください。

Standard Deviationの基本的な使い方・見方

Standard Deviationの良いところはとてもシンプルで、初心者にも使いやすい所と、ボリンジャーバンドに比べ、メインウィンドウを圧縮しないので、とても見やすいところです。

Standard Deviationの基本的な使い方は、以下の通りです。

  • Standard Deviationが下がっているときは停滞相場にある
  • Standard Deviationが上がっているときは、トレンド発生の可能性(ブレイクアウト)

とてもシンプルで、わかりやすいと思います!

基本時には、Standard Deviationの上下の振り幅を見ることを心がけていただければ大丈夫です!

Standard Deviation下降時は、停滞相場なのでエントリーは避け、Standard Deviation上昇時はブレイクアウトを待つように心がけましょう!

Standard Deviationは、エントリーサインというよりは、エントリーの準備をするために使用されることが多いです!

Standard Deviationの上昇を確認した上で、エントリーサインを待つというのが、基本的な使い方になります!

Standard Deviationを使ったバイナリーオプション攻略法を紹介!

最後に、Standard Deviationを使ったバイナリーオプションの攻略法を紹介します。

合わせるインジケーターは、ボリンジャーバンド偏差2です!

基本的なエントリールールは以下の通りです。

  • ボリンジャーバンドの20MAでの反発を確認
  • Standard Deviationの上昇を確認
  • トレンド方向へエントリー

実際のエントリーポイントは以下の通りです。

このように、20MAでの反発後、Standard Deviationが上昇を確認できれば、トレンドが強いことを確認することができます。

今回の場合は、上昇トレンドが発生しているので、HIGHエントリーのポイントになります。

LOWエントリーの場合も同じように判断ができるので、実際にエントリーをしてみてください!

まとめ

今回は、Standard Deviationの使い方について開設しました!

Standard Deviationはボリンジャーバンドとほぼ同じなので、使っているかtはあまりいませんが、とても見やすく、シンプルです!

また、メインウィンドウを圧縮したくない方は、おすすめなので、ぜひ参考に使ってみてください!